「電車の教室」に展示する、昔の学用品を募集します!

news

「電車の教室」に展示する、昔の学用品を募集します!

2016年夏グランドオープンする、安曇野ちひろ公園(松川村営)の一角には、『窓ぎわのトットちゃん』(ちひろ美術館館長 黒柳徹子・著)の物語にちなんだ「トットちゃん広場」がつくられ、「電車の教室」が再現されます。
電車のなかには、机や椅子、ランドセル、理科の実験器具などを配置し、トットちゃんやトモエ学園の生徒が、授業を受けていた当時のようすにできる限り近づくように再現させていきたいと考えています。

そこで、この電車の教室内に置くための1940年~1949年頃に使われた学用品(ランドセル、セルロイドの定期入れ、筆箱、地球儀、そろばん、顕微鏡など)を探しています。

下記の要項をお読みいただき、お譲りくださる品物をお持ちの方はぜひご応募ください。
みなさまの思い出の詰まった品物を電車の教室内に展示し、未来に大切に引き継いでいきます。ご応募をお待ちしております。

募集内容 : トットちゃんが授業を受けていたころ(1940年~1949年)に使われていた下記の学用品で、お譲りいただけるもの。(※ お譲りいただいたものは、返却いたしかねますので、ご了承ください。)

ランドセルセルロイドの定期入れ筆箱地球儀そろばん顕微鏡その他 当時の学用品

応募方法 : 下記(1)~(3)を明記のうえ、品物の写真を必ず貼付し、メールもしくは封書にてご応募ください。

 (1) 品物名
 (2) 品物説明( いつごろ使われていたものか、どういった品物か、縁など)
 (3) ご連絡先 ご氏名、電話番号、FAX番号、郵便番号、ご住所、メールアドレス

※ 事前に品物の状態などを確認させていただきます。応募資料を確認し、こちらよりお引き取りについての相談の連絡させていただきます。(状態によってはお断りすることもございますので、ご了承ください。)
応募締切 : ~ 2016年3月31日まで(消印有効)
応募先 : ※ メールでご応募いただく場合
  tottochan@chihiro.jp
  タイトルに 安曇野ちひろ美術館「電車の教室」係 と明記
※ 郵便でご応募いただく場合
  〒399-8501 長野県北安曇郡松川村西原3358-24
          安曇野ちひろ美術館「電車の教室」係
お問い合わせ先 : 安曇野ちひろ美術館 電車の教室 担当 長井まで
電話 0261-62-0772 ( 冬期休館中 ~3/1は 0261-62-0773 )

ページトップ

世界中の子どもが笑顔でつながる場所に―

ちひろ美術館が「トットちゃん広場」へ寄せる思い

ちひろ美術館は、1977年の設立以来、子どものしあわせと平和を願い、子どもを描き続けた画家・いわさきちひろの思いを受け継ぎ、活動を続けてきました。

『窓ぎわのトットちゃん』(ちひろ美術館館長・黒柳徹子著)に登場するトモエ学園では、ひとりひとりの個性と可能性を大切にする教育方針のもと、トットちゃんたちはのびのびと育っていきました。

私たちは、トモエ学園の精神を未来につなぎ、「トットちゃん広場」が、平和と子どものしあわせのシンボルとして世界中の子どもたちが笑顔で過ごせる場となり、長く愛されていくことを願っています。