自然で遊ぼう!ワークショップ ―オリジナル万華鏡づくり-

event

自然で遊ぼう!ワークショップ ―オリジナル万華鏡づくり-

美しく色づいた葉っぱや草木を使って遊ぶワークショップ。
造形作家の川村忠晴さんが、松川村の自然の先生としてナビゲートします。

日 時:11月8日(日)13:30~15:30
会 場:安曇野ちひろ美術館
参加費:500円(入館料込み)
申 込:要事前予約 
※定員に達したため受付を終了いたしました。
講 師:川村忠晴(造形作家)
講師紹介:川村忠晴  Tadaharu Kawamura (1948~)
東京都出身。1972年、和光大学人間関係学科卒業。民放TV局入社。ドラマ演出に携わる。 TV局退社後は信州高遠に移住、「春耕雨続」の生活を始める。 1985年、東京に戻り、造形活動を開始。友人らと立ち上げた事務所では、環境保護に関わる。 多くのイベントなども手がけた。イベントの美術でつくった照明をきっかけに、自然物を使った造形作家として活動を始める。コンサートやアート展の企画、美術演出、制作も多数手掛けている。
定 員:親子10組(要申込)
スタンプラリーカード

今年毎月開催してきた『窓ぎわのトットちゃん』エピソードにちなんだイベント。

参加すると差し上げていたスタンプ。
その数にあわせて、もれなくトットちゃんグッズをプレゼント!

スタンプ2つ ポストカード
スタンプ5つ クリアファイル
スタンプ8つ Tシャツ

いくつ集められたかな?

ページトップ

世界中の子どもが笑顔でつながる場所に―

ちひろ美術館が「トットちゃん広場」へ寄せる思い

ちひろ美術館は、1977年の設立以来、子どものしあわせと平和を願い、子どもを描き続けた画家・いわさきちひろの思いを受け継ぎ、活動を続けてきました。

『窓ぎわのトットちゃん』(ちひろ美術館館長・黒柳徹子著)に登場するトモエ学園では、ひとりひとりの個性と可能性を大切にする教育方針のもと、トットちゃんたちはのびのびと育っていきました。

私たちは、トモエ学園の精神を未来につなぎ、「トットちゃん広場」が、平和と子どものしあわせのシンボルとして世界中の子どもたちが笑顔で過ごせる場となり、長く愛されていくことを願っています。