美術館で展覧会を楽しむための約束

2016年07月24日

美術館(びじゅつかん)で展覧会(てんらんかい)を楽(たの)しむために、
いくつかの約束(やくそく)があります。
※大人も、子どもたちのお手本となるよう、いっしょに約束を守ってくださいね。

絵(え)や作品(さくひん)を大切(たいせつ)にしよう
 ・・・走(はし)らない。絵(え)や額(がく)やケースにさわらない。壁(かべ)に寄(よ)りかからない。
 メモするときは鉛筆(えんぴつ)を使(つか)う。展示室(てんじしつ)で飲(の)んだり食(た)べたりしない。

他(ほか)の人(ひと)も楽(たの)しめるように気(き)をつけよう
 ・・・騒(さわ)がない (話(はな)すときは小(ちい)さな声(こえ)で)。
  展示室(てんじしつ)で、写真(しゃしん)や動画(どうが)を撮(と)らない。
  展示室(てんじしつ)で、携帯(けいたい)電話(でんわ)やスマートフォンを使わない
  ゲームをしない

見(み)て、感(かん)じたことを大切(たいせつ)にしよう
   その理由(りゆう)を考(かんが)えよう。気持(きも)ちを言葉(ことば)にしてみよう。

美術館(びじゅつかん)は、いろいろな年齢(ねんれい)の人(ひと)が集(あつ)まる場所(ばしょ)です。
自分(じぶん)だけでなく、周(まわ)りの人(ひと)も楽(たの)しめるような場所(ばしょ)であるよう、他(ほか)の美術館(びじゅつかん)に行(い)くときも、約束(やくそく)を思(おも)い出(だ)してくださいね。

前のページへ