3月26日(土)からの開館についてお知らせ

2011年03月25日

お客様 各位

この度の東日本大震災により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興と皆様のご健康をお祈り申し上げます。

地震に伴う影響により、当館では、お客様の安全確保と作品保全、節電などに考慮し、当面の間、開館時間を1000から1600までに短縮したうえで、以下のように開館することといたしました。ご来館の皆様にはご不便ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

1. 開館時間について
3月26日(土)から当面の間、開館時間を1時間短縮し、1000から1600といたします。

2. 展示会期の変更
現在開催中の「おめでとう30周年!ちひろと黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』展」「ちひろ美術館コレクション 国際アンデルセン賞受賞画家展」の会期を、529日(日)まで延長いたします。お手持ちの会期中の期限付き招待券等は、5月29日まで有効といたします。
それに伴い、次回展「ちひろが描いた世界の童話-アンデルセンを中心に-」「こどもの椅子展」の会期は、6月1日(水)から7月31日(日)までに変更いたします。

3. 節電について
節電のために、一部館内設備の使用を制限しています。

4. カフェについて
入荷の関係で一部メニューに変更の可能性があります。
カフェの営業時間は、10:301600(ラストオーダー15:30といたします。

5. イベントについて
3月26日(土)に予定しておりましたイベント、「えほんのじかん」と「松本猛ギャラリートーク」は中止いたします。

6. 義援金の受付について
被災された方々への復興支援のため、ちひろ美術館(東京・安曇野)では、義援金を受付けております。お預かりした義援金は、日本赤十字社を通じて被災地の復興支援などに使われます。

以上です。
今後、計画停電などにより、開館状況に変更が生じる場合は、当館ホームページ及びテレフォンガイド(03-3995-0820)でお知らせします。ご来館の際には、あらかじめ開館情報をご確認いただきますようお願いいたします。また、地震など不測の事態により、予告なく休館する場合には、悪しからずご了承ください。

2011年3月25日 ちひろ美術館・東京

 

前のページへ