絵本になった!『窓ぎわのトットちゃん』展

期 間 2015年3月1日(日)~5月24日(日)
場 所 展示室1・3
主 催 ちひろ美術館
『窓ぎわのトットちゃん』は、トットちゃんが小学校1年生で学校を退学になるところから始まる、黒柳徹子(当館館長)の自伝的物語です。新しい学校・トモエ学園は、電車を教室に使ったり、授業はそれぞれが好きな科目から勉強したりとなにもかもがユニークな学校でした。男の子も女の子も、障害のある子も、「みんな一緒だよ」といい続けた校長先生のもと、トットちゃんや友だちは情操豊かにたくましく育っていきました。

戦後最高のベストセラーとなったこの『窓ぎわのトットちゃん』が、絵本になりました。本展では、絵本に収録されたちひろの作品を、戦争の時代にあっても夢を失わずにたくましく生きたトットちゃんたちのエピソードとともに展示します。
終戦70年の今年、ちひろと黒柳徹子に共通する子どものしあわせと平和への願いを、トットちゃんの物語を通して見つめなおします。



バラと少女 1967年 と 垣根ごしにのぞく子ども 1970年

ちひろの絵が“トットちゃん”になったわけ

『窓ぎわのトットちゃん』はちひろの没後に書かれたお話ですが、黒柳徹子は「いつも子供の味方、子供の幸福を願っていた、ちひろさんの絵を、このトモエの本を書くときに使わせていただきたい」ということが夢だったといいます。1979年に「若い女性」への連載がスタートした当時、黒柳は毎月ちひろ美術館に通って絵を選びました。「あまり私の文章と、ちひろさんの絵が合っているために、『亡くなる前に、少し描いていらしたの?』とお思いのかたも、いらしたのです。つまり、それくらい、ちひろさんは、いろんな子供、子供らしい子供を、お描きになっていたのでしょう。」と黒柳は語っています。
並んでお弁当を食べている子どもたち 1966年

『絵本 窓ぎわのトットちゃん』1・2巻セット
文:黒柳徹子, 絵:いわさきちひろ 講談社
定価 : 本体3,000円(税別)

2016年夏、長野県松川村の安曇野ちひろ公園に、トットちゃん広場がオープンします。
2014年秋にはトットちゃんの電車の教室もやってきました!
詳細はFacebook(https://www.facebook.com/chihiro.totto)をご覧ください。

同時開催:<企画展>聖コージズキンの誘惑展


主な展示作品

  • バラと少女 1967年
  • 垣根ごしにのぞく子ども 1970年
  • 猫とランドセルをしょった子ども 1970年
  • 算数の問題を考えている女の子 1969年
  • 並んでお弁当を食べている子どもたち 1966年

出展作品数

約70点(ピエゾグラフ含む)

絵本になった!『窓ぎわのトットちゃん』展 展示関連イベント等

お申込みはこちら

ギャラリートーク

  • 日程:3/7(土)・3/21(土)・4/4(土)・4/18(土)・5/2(土)・5/16(土)
  • 時間:14:00~
  • ※参加自由、無料(入館料のみ)

松本猛ギャラリートーク

  • 日時:2015年3月8日(日) 14:00~
  • 講師:松本猛(ちひろ美術館常任顧問、絵本学会会長)
  • ※参加自由、無料(入館料のみ)

ちひろの水彩技法ワークショップ

  • 日時:3月15日(日)10:30~  当日10:00より申し込み
  • 定員:100名(先着順)
  • 対象:5歳以上
  • 参加費:300円
  • ちひろが得意とした水彩技法の「にじみ」を体験する人気のワークショップ。
    今回は「にじみ」の好きな部分を切り抜いて、キーホルダーのチャームを作ります。

ガーデントーク ちひろの庭の花めぐり

  • 日時:3月29日(日)14:00~14:30
  • ※参加自由、無料(入館料のみ)
  • 「ちひろの庭」や展示室で、ちひろが愛した草花などのエピソードを紹介します。

ママさん弁護士と歓談 子どもの未来と憲法

  • 日時:4月19日(日)10:30~12:00
  • 定員:60名 要申し込み 3/19(木)受付開始
  • 講師:武井由起子(横浜弁護士会、明日の自由を守る若手弁護士の会所属)
  • 参加費:500円
  • 一児の母である武井弁護士と、親しみやすい雰囲気のなかで、改憲の動きや、特定秘密保護法についてなど、子どもの未来に関わる憲法の動向について語り合います。

ちひろ美術館で読書会 『窓ぎわのトットちゃん』

  • 日時:4月26日(日)15:00~16:30
  • 定員:10名 要申し込み 3/26(木)受付開始
  • ちひろゆかりの絵本や書籍の感想を分かち合いませんか。
    今回の課題図書は『窓ぎわのトットちゃん』。単行本や文庫版だけでなく、絵本版も大歓迎です。お好きな判型の『トットちゃん』を読み、携えてご参加ください。

前のページへ