<企画展>―Paper Talks 紙のおしゃべり―
クヴィエタ・パツォウスカー展

期 間 2014年3月1日(土)~5月18日(日)
場 所 展示室2,4
主 催 ちひろ美術館
後 援 絵本学会、子どもの本WAVE、(公社)全国学校図書館協議会、チェコ共和国大使館、(一社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版協会、(社)日本図書館協会、CZECH CENTRE TOKYOチェコセンター、杉並区教育委員会、中野区、西東京市教育委員会、練馬区、武蔵野市教育委員会

目がよろこび 心が歌う チェコからやってきた ふしぎな絵本

チェコの女性アーティスト、クヴィエタ・パツォウスカー(1928~)は、鮮やかな色彩感覚と自由な造形感覚で見るものを魅了します。85歳の今なお意欲的に創作を続け、頁を切り抜いたり、異なる紙を貼ったり、つなげたりと、絵本の概念を超えた作品づくりを行っています。
本展では、『すずの兵隊』(1985年)から『日々の色』(2010年)まで9冊の絵本の原画を中心に、紙の小さな彫刻ともいえるオブジェなどを展示し、その遊び心と斬新なアイデアにあふれた世界を紹介します。言葉を超えて、音楽のように見るものの心に届く作品の数々をお楽しみください。

クヴィエタ・パツォウスカー 『日々の色』より 2010年

80歳を超えてなお斬新な作品の数々!

国際的に出版、展示を続けているパツォウスカー。その細い体のどこからエネルギーが沸くのでしょう。本展では、当館のコレクションの他、特別に作家本人から近作も多数展示します。

クヴィエタ・パツォウスカー 『シンデレラ』より 2010年

見て、さわって

未邦訳のパツォウスカーの原書の数々も、手にとってお楽しみいただけます。

クヴィエタ・パツォウスカー 『すずの兵隊』より(部分) 1985年
クヴィエタ・パツォウスカー(1928-)
プラハに生まれる。父はオペラ歌手、母は外国語教師。本と絵と音楽に囲まれて子ども時代を過ごすが、ナチスの台頭によりユダヤ人の父が殺され、13歳から4年間は学校に通えなかった。第二次世界大戦後、奨学金を得てプラハの応用美術学校に入学。チェコにキュビズムを持ち込んだ画家、エミール・フィラのもとで学び、バウハウス思想に共鳴。鋭敏な色感と自由な発想で、絵本のほか、タブローや立体の制作も多い。1992年国際アンデルセン賞画家賞など国際的な賞の受賞多数。

「クヴィエタ・パツォウスカー」展関連イベント

子どもワークショップ「紙の町をつくろう」




トークイベント「チェコの文化と子どもの本の魅力」

  • パツォウスカーの大ファンという絵本作家の三浦太郎さんと、チェコセンター所長の高峰エヴァさんが、チェコの文化と子どもの本、そしてパツォウスカーの魅力についてたっぷり語ります。
  • 日  時 : 4/20(日)15:00~16:30
  • 講  師 : 三浦太郎(絵本作家)、高峰エヴァ(チェコセンター所長)
  • 定  員 : 80名 ※要申し込み 3/6(木)受付開始
  • 参加費 : 800円(入館料別)
  • 詳しくは、こちら



松本猛ギャラリートーク

  • 作家との思い出や展示のみどころなどをお話します。
  • 日  程 : 3/9(日)14:00~
  • 講  師 : 松本猛(ちひろ美術館常任顧問・絵本学会会長)
  • ※参加自由、無料(入館料のみ)



ギャラリートーク
第1・3土曜 14:00~

  • 会期中の日程 : 2014年3/1 ・ 3/15 ・ 4/5 ・ 4/19 ・ 5/3 ・ 5/17
  • ※参加自由、無料(入館料のみ)



主な展示作品

  • 『ふしぎなかず』(1990)
  • 『Flying』 (1995 )
  • 『あかあかサイ』(1999)
  • 『シンデレラ』(2009)
  • 『日々の色』(2010) 他より  126点
前のページへ