〈企画展〉
ずっと長さんとともに-長新太が描いた子どもの本-

期 間 2013年8月7日(水)~10月27日(日)
場 所 展示室2・4
主 催 ちひろ美術館
後 援 絵本学会、こどもの本WAVE、(公社)全国学校図書館協議会、(一社)日本国際児童図書評議会(JBBY)、日本児童図書出版協会、(社)日本図書館協会、杉並区教育委員会、中野区、西東京市教育委員会、練馬区、武蔵野市教育委員会
協 力 あかね書房、絵本館、偕成社、金の星社、クレヨンハウス、講談社、国土社、小峰書店、鈴木出版、童心社、徳間書店、のら書店、福音館書店、文溪堂、文研出版、理論社
長新太(1927~2005)は1948年に漫画家としてデビューした後、
2005年に亡くなるまで漫画家、イラストレーター、エッセイスト、
絵本画家として八面六臂の活躍をしました。
なかでも1958年に初めての絵本に取り組んでから40年以上にわたり、児童文学や絵本の分野で活躍し、大きな足跡を遺しました。生涯に手がけた子どもの本は実に400冊を超えています。長が子どもの本のために描いた絵は、現在まで読み継がれてきた古典的な児童文学作品、奇想天外なナンセンスストーリー、大自然を舞台にした壮大なスケールの物語、詩、子どもの生活に根ざした童話、あかちゃん向けの絵本など多岐にわたります。物語やことばを深くとらえ、柔軟な発想で描いた絵は、多くの子どもたちの心に刻まれてきました。
本展では今回が初公開となる作品を含め、約100点の原画を展示し、子どもの本を舞台に繰り広げられた個性豊かな11人の作家とのコラボレーションと、長新太独自のユーモアに満ちたナンセンスの世界をお楽しみください。


長さん
くろべえまってるよ
にんげんになったニクマンジュウ げらっくすノート つみつみニャー

11人の作家と長新太による子どもの本

展示室2では、今江祥智、神沢利子、庄野英二、谷川俊太郎、筒井敬介、灰谷健次郎と共につくった作品の原画と、1950年代から70年代にかけての書籍などの資料を展示します。
展示室4では、内田麟太郎、工藤直子、中川ひろたか、八木田宜子、山下明生と共につくった作品や長新太が絵と文を手がけた作品の原画、80年代から晩年にいたるまでの書籍や資料を展示します。

単行本未収録作品の原画初公開

今江祥智の物語に長新太が絵を描いた「おやすみぼくのむぎわらぼうし」は、1973年に幼年向けの雑誌に掲載された後、単行本に収録されることはありませんでした。現在では知る人が少ないこの物語を紹介し、原画を初公開します。
おやすみぼくのむぎわらぼうし

「ずっと長さんとともに」関連イベント

対談 谷川俊太郎×松本猛「長新太の子どもの本」
長新太が手がけた子どもの本の魅力を、交流のあったふたりが語り合います。

  • 日 時:2013年 9月14日(土) 17:30~19:00
  • 講 師:谷川俊太郎(詩人)、松本猛(ちひろ美術館常任顧問、絵本学会会長)
  • 申 込:8/14(水)受付開始
  • 参加費:1000円(入館料別、高校生以下入館無料)
  • 定 員:80名
  • 詳しくはこちら

ギャラリートーク

  • 日 時:8/17(土)・9/7(土)・9/21(土)・10/5(土)・10/19(土)
  • 時 間:14:00~
  • ※ 参加自由・無料(入館料のみ)

主な展示作品

前のページへ