ちひろ・絵本づくりの現場

期 間 2013年8月7日(水)~10月27日(日)
場 所 展示室1・3
いわさきちひろ 1964年
いわさきちひろは、生涯にわたって絵本表現の可能性を追求し続けた画家でした。たくさんの人に絵をみてもらいたいと印刷美術の仕事を選んだちひろにとって、理解ある編集者との出会いは、新しい絵本づくりに挑戦するきっかけともなりました。
本展では、『りゅうのめのなみだ』など1960年代の物語絵本から、平和の願いを込めて描いた最後の絵本作品『戦火のなかの子どもたち』までの、ちひろの絵本表現の軌跡を追います。絵本の原画のほか、習作やスケッチ、ダミーなど制作過程の資料とともに、創作の現場を知る当時の編集者の証言もあわせて紹介し、絵本づくりにかけたちひろの思いを浮き彫りにします。

物語絵本

1965年の『りゅうのめのなみだ』(浜田廣介・文 偕成社)を機に、ちひろはアンデルセン童話や日本の昔話など数多くの物語絵本を手がけるようになります。
出品作品
『りゅうのめのなみだ』1965年
『あかいくつ』1968年
『あかいふうせん』1968年
『青い鳥』1969年
りゅうに乗る男の子

若い人の絵本

1966年の『絵のない絵本』以後、ちひろは7冊の若い世代を対象にした絵本を手がけています。自ら選んだ文学作品の世界を、薄墨と鉛筆のモノクロームで叙情豊かに描き出しています。
出品作品
『絵のない絵本』1966年
『万葉のうた』1970年
煙突掃除の少年

感じる絵本

『あめのひのおるすばん』1968年
1968年、ちひろは、雨の日にひとりでお留守番をする少女の心の揺れを主題に『あめのひのおるすばん』を描きました。以後至光社から6冊の絵本を発表しています。物語の説明ではなく、心情を感じさせることに集中した絵本づくりは、独自の絵本の世界を切り拓きました。
雨にけむる白い家

平和の絵本

『戦火のなかの子どもたち』1973年
母親であり、自らも戦争体験をもつちひろにとって、子どもたちのいのちを奪う戦争は許せるものではありませんでした。ベトナム戦争が激化していた1973年、病をおして『戦火のなかの子どもたち』を描きます。平和への思いをこめた渾身の一冊が、生前に完成させた最後の絵本となりました。
戦火の中の子どもたち





「いわさきちひろ展」関連イベント

ちひろ・絵本づくりの現場 スライドトーク

  • 日 時:2013年 9月22日(日) 14:00~15:00
  • 講 師:ちひろ美術館学芸員
  • 申 込:要申し込み、8/22(木)受付開始
  • 参加費:無料(入館料別、高校生以下入館無料)
  • 定 員:60名
  • 詳しくはこちら

子どもギャラリートーク

  • 日 時:2013年 8月24日(土) 14:00~14:40
  • 講 師:ちひろ美術館学芸員
  • 申 込:受付中
  • 参加費:無料
  • 定 員:15名
  • 対 象:小学生
  • 詳しくはこちら

ギャラリートーク

  • 日 時:8/17(土)・9/7(土)・9/21(土)・10/5(土)・10/19(土)
  • 時 間:14:00~
  • ※ 参加自由・無料(入館料のみ)

松本猛ギャラリートーク

  • 日 時:10月6日(日) 14:00~
  • 講 師:松本猛(ちひろ美術館常任顧問、絵本学会会長)
  • ※ 参加自由・無料(入館料のみ)

主な展示作品

前のページへ