〈企画展〉
日中国交正常化40周年記念 中国の絵本画家展

期   間 2013年3月1日(木)~5月19日(日)
場   所 展示室2・4
企画協力 ポプラ社、北京蒲蒲蘭文化発展有限公司
後   援 中華人民共和国大使館文化部、日本中国友好協会、日中児童文学美術交流センター、絵本学会、公益社団法人全国学校図書館協議会、(一社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版協会、杉並区教育委員会、西東京市教育委員会、練馬区、武蔵野市教育委員会
協   力 岩波書店、コンセル、小学館、童心社、徳間書店、光村教育図書
悠久の歴史と広い国土、多様な文化を持ち、めざましい経済発展を続ける中国。近年では欧米や日本の絵本が数多く翻訳・出版されるようになり、人々の絵本への関心が年々高まりつつあります。同時に、新しい芸術表現として優れた絵本も意欲的に創作されています。 本展では、現代中国の絵本界を代表する7名の画家による作品約70点を展示し、中国の絵本の今と、その魅力を紹介します。

于大武 『北京 中軸線上につくられたまち』(ポプラ社)より 2011-2012年

現代中国の絵本界を代表する7人の作品が、ちひろ美術館・東京に集結!

長く中国の絵本界で活躍する于大武、武建華をはじめ、蔡皋、朱成梁、周翔、姚紅、熊亮という現代中国を代表する7名の絵本画家たちの作品が一堂に会します。貴重な展示をどうぞお見逃しなく!

姚紅『京劇がきえた日』(童心社)より 2008-2010年,朱成梁『チュンチエ 中国のおしょうがつ』(光村教育図書)より 2006-2007年
     
蔡皋『なみだでくずれた万里の長城』(岩波書店)より 2006-2010年
     
武建華『舌ながばあさん』(小学館)より 2001年
     
熊亮『ちいさなこまいぬ』(コンセル)より 2003年
     
周翔『ヤンヤンいちばにいく』(ポプラ社)より 2004-2006年

〈画家プロフィール〉

武建華 ウーヂェンホァ 1942-

南京生まれ。1978年より南京日報社の美術編集者として、新聞のカットやデザインを手がける。1982年より子ども向け雑誌の挿絵を描きはじめた。絵本の作品は古典文学や民話を題材にしたものが多い。

蔡皋 ツァイ・ガオ 1946-

湖南省長沙生まれ。師範学校で美術を学ぶ。1982年湖南少年児童出版社に美術編集者として入社、以来子どもの本の編集やブックデザインを手がける。

于大武 ユー・ダーウー 1948-

北京生まれ。1978年より子どもの本、連環画の編集の仕事を手がける。中国画の伝統技法で、古典文学の世界を多く描いている。

朱成梁 ヂュー・チュンリァン 1948-

上海生まれ。学生時代を蘇州で過ごし、南京芸術学院で油絵を学ぶ。1970年より子どもの本の挿絵と絵本の創作をはじめる。現在、江蘇美術出版社副編集長。

周翔 ヂョウ・シアン 1956-

陜西省鳳翔生まれ。江蘇省南通市で幼年期を過ごす。南京芸術学院美術系卒業、長年江蘇少年児童出版社で美術編集にたずさわる。

姚紅 ヤオ・ホン 1961-

南京生まれ。南京芸術学院美術系卒業、江蘇少年児童出版社で児童書、美術教材の編集にたずさわった後、2006年より母校のイラストレーション学科の主任教授を務める。

熊亮 シオン・リヤン 1975-

淅江省家興生まれ。独学で絵を学び、27歳から本づくりに専念、2002年より、北京で活動する。若い画家との共作、画学生の指導にも取り組む。

関連イベント

中国語で楽しむおはなしの会

  • 日 時:3/31(日) 14:00~15:00
  • 講 師:劉明全
  • 参加費:無料(入館料のみ、高校生以下入館無料)
  • *参加自由
  • 詳しくはこちら

「中国の絵本画家展」関連企画
入館券とパンフレットのお得なセット販売

  • 日 程:2013年3月1日(金)~5月19日(日)
  • 中国の絵本画家展の会期中、入館料(大人800円)と展覧会パンフレット(300円)のセットを、通常1100円のところ、900円で販売いたします。
    ご予約は必要ありませんので、ご希望の方は、入館の際に受付にお申し出ください。
  • 詳しくは、こちら

〈ちひろ美術館×茶語[Cha-Yū]コラボレーション企画〉
中国茶の楽しみ方

  • 日 時:2013年4月21日(日)15:00~
  • 会 場:ちひろ美術館・東京
  • 参加費:無料(入館料のみ、高校生以下は入館料無料)
  • 申 込 : 参加自由、予約不要
  • 講 師 : 瀨田裕士
  • 中国の国家資格を持つインストラクターが、中国茶の楽しみ方をお伝えします。
  • 詳しくは、こちら

ギャラリートーク

  • 日 程:3/2(土)・3/16(土)・4/6(土)・4/20(土)・5/4(土)・5/18(土)
  • 時 間:14:00~
  • ※参加自由・無料(入館料のみ)

主な展示作品

出展作品数 68点
前のページへ