〈企画展〉 ― プラハでつむぐ幻想 ― 出久根育の絵本展

期 間 2012年 11月14日(水)~2013年1月31日(木)
場 所 展示室2
後 援 絵本学会、こどもの本WAVE、公益社団法人全国学校図書館協議会、
(社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版協会、
(社)日本図書館協会、杉並区教育委員会、チェコ共和国大使館、中野区、
西東京市教育委員会、練馬区、武蔵野市教育委員会
協 力 偕成社、理論社
2002年よりチェコの古都・プラハでくらしながら絵本制作を続ける出久根育は、今、世界で最も注目を集める絵本画家の一人です。本展では、『マーシャと白い鳥』や最新作『かえでの葉っぱ』など、童話や民話を描いた、異国情緒あふれる7冊の絵本の原画を展示します。また、画家の特徴的な技法である卵テンペラや、プラハでの生活を資料や写真で紹介します。ヨーロッパと日本をつなぐ出久根育の個性と魅力をご覧ください。
『あめふらし』(パロル社)より 2001年 ,『十二の月たち』(偕成社)より 2008年 『かえでの葉っぱ』(理論社)より 2012年

〈展覧会のみどころ〉

ブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリ受賞作家
2003年、絵本原画の国際的な展覧会であり、子どもの本のイラストレーションの分野で最も歴史あるBIBでグランプリを受賞。
古典技法を駆使した美しく重厚な世界
プラハ移住後の作品の多くは、西洋の古典技法・テンペラ*と油彩を用いた独自の混合技法で描かれています。
*板の上に石膏下地を施し、卵黄のバインダーで顔料を混ぜ、絵の具として使用する技法
自然に触れるプラハでの生活
小さな野の花に立ち止まったり、落ち葉の形に感心したり……。プラハの自然と季節に触れるくらしのなかでつむぎ出す作品には、ヨーロッパの歴史や伝統、厳しくも豊かな自然、そこに漂う空気までもが映し出されています。
出品作品
『あめふらし』(パロル舎) 2001年
『ペンキや』(理論社) 2002年
『マーシャと白い鳥』(偕成社) 2005年
『十二の月たち』(偕成社) 2008年
『命の水』 2011年
『かえでの葉っぱ』(理論社) 2012年 他

出久根育 Dekune Iku 日本 1969~

1969年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。1996年、初めての絵本『おふろ』を出版。1998年、ボローニャ国際絵本原画展に入選。その年の板橋区立美術館「夏のアトリエ」で、ドゥシャン・カーライの指導を受ける。2002年よりチェコ・プラハに居を移し、創作活動を続けている。『あめふらし』で2003年BIBグランプリ受賞。『マーシャと白い鳥』で2006年日本絵本賞大賞受賞。

「出久根育の絵本展」関連イベント

出久根育さんのお話をきく会「プラハのくらし、わたしの絵本」

  • 2002年にプラハに居を移して、創作活動を続ける出久根育さん。クリスマスなどチェコの冬の行事や、自作の絵本について語ります。

  • 日  時 : 2013年1/12(土) 15:00~16:30
  • 申  込 : 要申し込み、12/5(水)受付開始
  • 定  員 : 60名
  • 参加費 : 800円(入館料別、高校生以下入館無料)

チェコのクリスマス

  • 出久根さんが選んだチェコのクリスマスの飾り、“キリスト生誕を表したジンジャークッキー”をえほんカフェに展示します。

ギャラリートーク

  • 当館学芸員が、作品の解説や展示のみどころをお話しします。

  • 日  程 :11/17(土)・12/1(土)・12/15(土)・2013年1/5(土)・1/19(土)
  • 時  間 :14:00~
  • ※ 参加自由・無料(入館料のみ)

主な展示作品

出展作品数 約55点
前のページへ