ちひろスタイル ― くらしのいろどり ―

期 間 2012年11月14日(水)~2013年1月31日(木)
場 所 展示室1、3
いわさきちひろは、妻として、母として、そして画家として忙しく過ごしながら、おしゃれや庭仕事など、日々のくらしを細やかに慈しむことを忘れませんでした。また、日常から離れて旅に出たり、信州・黒姫の自然豊かな地に建てた山荘で過ごす時間も、ちひろにとってはかけがえのないものでした。

本展では、子どもたちのファッションや草花のあしらいなどにちひろのセンスが光る作品や、旅のスケッチ、黒姫の山荘でのくらしぶりを思わせる作品のほか、愛用の品々を展示します。ちひろの自宅があったこの練馬区下石神井で、ちひろ流のくらしの楽しみ方をご覧ください。

おしゃれ

華美ではないけれど、垢抜けていて、きちんとした印象のおしゃれを楽しんでいたちひろは、絵のなかでも、装うことを楽しんでいます。春に比べて草花の数が少なくなる冬、ちひろは、子どもたちの装いにいろどりを求めました。
バラ飾りの帽子の少女 1971年

草木と花のあるくらし

庭仕事を愛し、くらしのなかに草花を取り入れたちひろ。四季折々の草花とともに、子どもたちを描き続けました。
「はらりとおちた」 1972年

黒姫山荘

幼いころから信州の自然に親しんでいたちひろは、黒姫高原に念願の山荘を建てると、制作のために滞在しました。春から夏は周辺の野山で草花を摘み、山荘中に花を飾り、秋から冬は、お気に入りの薪ストーブに薪をくべたり、東京では味わうことのできない山荘ぐらしを楽しみました。
ストーブに薪をくべる少女 1973年

国内外の旅でちひろが描いたスケッチには、その土地に暮らす人々への共感が写し取られています。
レニングラード アイスクリーム屋 1963年

「ちひろスタイル」関連イベント

ドレスコード特典「白いマフラー」着用の方に、
招待券プレゼント!

出品作品の「白いマフラーをした緑の帽子の少女」にちなみ、会期中、白いマフラー着用でご来館のお客様に、次回ご利用いただける招待券(東京・安曇野共通)をプレゼントします。
※ お一人様一回限り
白いマフラーをした緑の帽子の少女 1971年

ちひろの水彩技法ワークショップ 新春・手づくりぽち袋

  • ちひろの水彩技法をわかりやすく解説し、実際に透明水彩で、技法を体験する人気ワークショップ。
    今回はオリジナルのぽち袋をつくります。

  • 日  時 : 2013年1/2(水)・1/3(木) 11:00~15:00
  • 申  込 : 当日受付
  • 定  員 : 先着70名
  • 参加費 : 200円(入館料別、高校生以下入館無料)



ギャラリートーク

  • 日  程 : 11/17(土)・12/1(土)・12/15(土)・2013年1/5(土)・1/19(土)
  • 時  間 : 14:00~
  • ※ 参加自由・無料(入館料のみ)



主な展示作品

出展作品数 68点(ピエゾグラフ含む)

前のページへ