〈企画展〉国際アンデルセン賞受賞画家
アンソニー・ブラウン展 ― ゴリラが好きだ ―

期 間 2012年8月29日(水)~11月11日(日)
場 所 展示室2・4
後 援 絵本学会、(社)日本国際児童図書評議会、ブリティッシュ・カウンシル
協 力 あかね書房、評論社、平凡社、VIW Art Center
アンソニー・ブラウンは、1976年の絵本デビューから現在まで36年の間に、約40冊の絵本を世のなかに送り出してきました。本展では、そのなかから日本で翻訳出版された絵本を中心に、12冊の絵本の原画108点を4つのテーマに沿って紹介します。
展覧会のここに注目!

(1) ゴリラを描かせたら世界一!?
アンソニー・ブラウンの描くゴリラはただの猿ではありません。人間のようです。ゴリラのみならず、チンパンジーなどの楽しい猿たちにも注目。

(2) イギリスで初めて国際アンデルセン賞を受賞した画家!
小さなノーベル賞とも言われ、2年に一度、全功績に対して国際児童図書評議会から与えられる名誉ある賞を、アンソニー・ブラウンは、イギリス人画家としては初めて2000年に受賞しました。

第1章 ゴリラ、チンパンジー、猿

猿を扱った絵本は古今東西いくつもありますが、そのなかでもブラウンの描くゴリラや猿はリアルさと迫力で群を抜いています。
ブラウンがゴリラを描く理由は… ○体毛やしわがあって描きがいがある。
                    ○ゴリラは人間に似ている。
                    ○もう1つの理由は、展示のなかで紹介!
『ボールのまじゅつしウィリー』(評論社)より 1995年 :『ボールのまじゅつしウィリー』(評論社)より 1995年

第2章 家族

ブラウンはただ明るく幸せな家庭を描くのみではなく、家族がいかに大変かということも、隠さずユーモアをもって描いています。
『おんぶはこりごり』(平凡社)より 1986年 『うちのパパってかっこいい』(評論社)より 2001年

第3章 童話のなかへ

ブラウンが他人の物語に初めて絵をつけた絵本が、グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』でした。『トンネル』や『森のなかへ』では、ブラウン特有のアイロニーをおりまぜ、冒険の恐怖と喜びを組み合わせた現代の童話をつくりあげています。
『トンネル』(未邦訳)より 1989年 『森のなかへ』(評論社)より 2004年

第4章 絵本と美術

学校の図書室で画集を見たのが美術との最初の出会いだったと語るブラウンは、ダリやマグリット等、シュルレアリスムの画家たちをはじめ多くの画家に魅せられます。名画の魅力と絵を見る楽しさを機知に富んだ視点で絵本のなかにとり入れています。
『ウィリーの絵』(ポプラ社)より 2000年 『ウィリーの絵』(ポプラ社)より 2000年

アンソニー・ブラウン Anthony Browneイギリス 1946~

イギリス・シェフィールドに生まれる。リーズ美術大学でグラフィックデザインを学んだ後、マンチェスターの病院で2年間、医療関係のイラストレーションを描く。その後、グリーティングカードを描く仕事に携わる。1975年以降、子どもの本にかかわるようになり、初めての絵本Through the Magic Mirrorを1976年に出版。1983年『すきですゴリラ』(あかね書房)と、1992年『どうぶつえん』(平凡社)でケイト・グリーナウェイ賞を受賞。2000年には国際アンデルセン賞画家賞を受賞。
アンソニー・ブラウン

関連イベント

ちひろ美術館・東京×上野動物園 コラボレーションイベント

●教えて、飼育員さん!上野動物園出前トーク「ゴリラのおはなし」
(会場:ちひろ美術館・東京)

  • 動物園で日々ゴリラの飼育にたずさわり、ゴリラの群れを見つめてきた飼育員が、飼育の苦労や動物園でのゴリラの暮らしを語ります。2009年に誕生したコモモが群れのなかで成長していく様子や、父親ハオコの子育てぶり、そして、絶滅の恐れがあるゴリラを守り、増やしていく動物園の取り組みについてもお話しします。

  • 日 程:10/6(土)
  • 時 間:14:00~15:30
  • 講 師:北田祐二(上野動物園東園飼育展示係ゴリラ担当)
  • 対 象:一般(子どもを含む)、要申し込み
  • 定 員:60名
  • 参加費:無料(入館料別、高校生以下入館無料)
  • 詳しくはこちら

●ゴリラの絵本を読もう!ちひろ美術館による出張よみきかせ
(会場:上野動物園)

  • ゴリラや猿をテーマにした絵本の読み聞かせ。飼育員さんによるお話もあります。

  • 日 程:10/13(土)※雨天決行
  • 時 間:11:00~/14:30~
  • 対 象:一般(子どもを含む)、申し込み不要
  • 詳しくはこちら

半券割引サービス

  • アンソニー・ブラウン展開期中(2012年8月29日~11月11日)、上野動物園の入場券をご持参の方は、ちひろ美術館・東京に100円引きでご入館いただけます。
    ※高校生以下入館無料。大人1名800円→700円に割引。各種割引との併用不可。
    ※ちひろ美術館入館券による上野動物園の入場割引は行なっておりません。

  • 日 程:8/29(水)~11/11(日)
  • 詳しくはこちら

ギャラリートーク

  • 日 程:9/1(土)・9/15(土)・10/6(土)・10/20(土)・11/3(土)
  • 時 間:14:00~
  • ※参加自由・無料(入館料のみ)

主な展示作品

出展作品数 108点

前のページへ