概要

「いわさきちひろ記念事業団」は、絵本画家・いわさきちひろ(1918-1974)の没後2年目の1976年に、遺族から、ちひろの全作品、資料ならびに美術館建設用地等の寄贈を受け、ちひろの業績を記念し、絵本等の文化の発展に寄与する活動等をおこなうことを目的として設立されました(財団法人認可は1977年11月)。

1977年9月には、ちひろの自宅兼アトリエ跡に、「いわさきちひろ絵本美術館」(現「ちひろ美術館・東京」)を開館し、ちひろの絵にいつでも出会える場として、また、身近に絵本や絵本の原画に接することができる絵本の専門美術館としての活動を始めます。

散逸しやすい絵本原画を、人類の大切な文化遺産の一つとして位置づけ、世界の絵本画家の作品収集・公開・保存・研究に努め、1997年には、ちひろの作品とともに、世界の絵本画家の作品を恒常的に見ることができる安曇野ちひろ美術館を開館します(2013年5月現在、ちひろ作品約9,450点の他に、33の国と地域の203名の画家による17,300点を収蔵)。

2004年からは、代表作をピエゾグラフ(※)作品として再現し、原画での展覧会が困難な地域・施設でも、「ちひろ展」を開催。中国、ベトナム、韓国、台湾をはじめとしたアジアの国々で、ちひろと絵本文化の普及支援活動を行っています。
2005年7月からは、子どもたちが訪れやすい場所にと、高校生以下の入館料を無料にしました。ちひろと世界の絵本画家たちの作品を通して、異文化に対する相互理解とともに、やさしさや、美しいものを感じる豊かな心が育まれる場となればと願って活動しています。

※ いわさきちひろピエゾグラフ作品は、極めて高度な再現能力を持つエプソンのピエゾグラフ技法を用い、現在の原画の状態を再現するとともに、将来にわたって原画のデータを保存するデジタルアーカイブの試みです。