テーマブックス

vol.20乗り物の絵本


『よりみちエレベーター』
『よりみちエレベーター』
土屋富士夫 作・絵
出版社徳間書店 出版年 2000年
5階に住むおばあちゃんにアイスクリームを届けに、ひでくんはエレベーターに乗ります。ところが、おばけが乗ってきてお墓に行ってしまったり、イルカがハワイまでお願いしたり、エレベーターは寄り道ばかり。青い空と輝く海、南の島の甘い香り……。エレベーターでハワイに寄り道できたら、なんて素敵でしょう。土屋のユーモアたっぷりの明るい絵が、わくわくする楽しい気分を盛りあげます。やっと5階に着き、アイスクリームを大急ぎでおばあちゃんに届けたひでくんは、とんぼがえりでエレベーターにかけこみます。さて、ひでくんは、よりみちエレベーターで、どこに行ったのでしょう?
『ゆうちゃんのみきさーしゃ』
『ゆうちゃんのみきさーしゃ』
村上祐子 さく 片山健 え
出版社 福音館書店 出版年 1968年
ゆうちゃんがお菓子の缶を転がして、上にコップをのせたら、なんとミキサー車になりました。ゆうちゃんとミキサー車は、秘密の森へ出かけ、はちみつ、卵、牛乳に果物、最後に雪をミキサー車のおなかにいっぱいつめこみます。これだけでもおいしそうですが、ごろごろまわしてできたのは、1000人で食べてもまだまだいっぱいのアイスクリーム!1968年の出版から45年余、読み継がれる絵本。子どもの頃、このアイスクリームが食べたいと思った人も多いのではないでしょうか。顔も手も服もアイスクリームだらけの子どもたちは、半ズボンにつりスカートで、懐かしく感じます。今も絵本画家として活躍する片山健が20代のころの作品です。
『赤い自転車』
『赤い自転車』
ディディエ・デュフレーヌ 文 ファブリス・テュリエ 絵 つじかおり 訳
出版社パロル舎 出版年 1998年
ルイーズがひとめぼれした赤い自転車のぼくは、一緒に楽しい日々を過ごしますが、やがてルイーズが大きくなると、屋根裏部屋に片付けられ、とうとうある日がらくた市で売られてしまいました。ぼくの語り口は軽妙で、一体どうなってしまうの?と、小さな自転車の物語に引き込まれます。細い線に美しい彩色がされ、フランスの洗練されたおしゃれな雰囲気がただよう1冊。おしまいのページの「また楽しくくらしていける、それが一番大事なこと」というぼくの言葉が、心に響きます。
  • 『名馬キャリコ』 バージニア・リー・バートン え・ぶん せたていじ やく 岩波書店 1969年 
  • 『小さな乗合い馬車』グレアム・グリーン 文 エドワード・アーディゾーニ絵 阿川弘之訳 文化出版局 1976年
  • 『くまくんのトロッコ』ブライアン・ワイルドスミス さく・え らくだ出版 1976年
  • 『ルラルさんのじてんしゃ』いとうひろし さく ポプラ社 2002年
  • 『ノアのはこ船』ピーター・スピアー え 松川真弓 やく 評論社 1986年
  • 『みどりの船』 クェンティン・ブレイク作 千葉茂樹訳 あかね書房 1998年
  • 『バルツとベッティーナの空とぶベッド』 エリカ・ブリュ―マン‐イェクリン文 ジャクリーヌ・ブラス絵 森山恵美訳 セーラー出版 1994年
  • 『エンソくんきしゃにのる』スズキコージ さく 福音館書店 1990年
  • 『はしれきかんしゃ ちからあし』小風さち 文 藍澤ミミ子 絵 福音館書店 2008年
  • 『がたんごとん がたんごとん』安西水丸さく 福音館書店 2012年
  • 『栄光への大飛行』 作アリス&マーティン・プロヴェンセン 訳今井祥智 BL出版 2009年
  • 『ごろごろにゃーん』長新太 福音館書店 1984年
  • 『ヘリコプターたち』 五味太郎 偕成社 1981年
  • 『かさもっておむかえ』 征矢清 さく 長新太 え 福音館書店 1977年
  • 『ガンピーさんのドライブ』 ジョン・バーニンガム さく みつよしなつや やく ほるぷ出版 1978年
  • 『ずかん・じどうしゃ』 山本忠敬さく 福音館書店 1981年
  • 『ちいさいしょうぼうじどうしゃ』ロイス・レンスキー ぶん・え わたなべしげお やく 1970年
  • 『ろけっとこざる』 H.A.レイ 文・絵 光吉夏弥 訳 岩波書店 1956年
  • 『うちゅうひこうしになりたいな』バイロン・バートン作 ふじたちえ 訳 インターコミュニケーションズ 1998年