テーマブックス

vol.12 中国の絵本

ゆうかんなアジク
ゆうかんなアジク
趙朝勲再話 関野喜久子訳 徐喚民・趙朝勲絵
出版社福音館書店 出版年 1994年
昔、ガーシャンという村を襲った9つの頭を持つおそろしい鳥を、勇敢な若者アジクが、さまざまな困難を乗り越え、命をかけて退治します。以来、ガーシャンでは、お正月に氷の彫刻を置き、新年の平和で豊かな暮らしを願うそうです。中国北部の少数民族、満族に伝わる民話。長く農村で暮らし、満族の絵画技法を習得したという徐喚民の絵は、満族の独特の髪形や衣装、ピンクや紫を大胆に使った鮮やかな色彩、と目をひきます。読み終わった後、もういちど絵本の表紙と裏表紙にご注目。現代の人々が氷を掘り、新年を迎える様子が描かれていますよ。
旅の絵本 Ⅶ
旅の絵本 Ⅶ
安野光雅
出版社福音館書店 出版年 2009年
旅人は舟を漕ぎ、「中国文明の母」といわれる黄河をさかのぼりながら、広大な中国を旅します。旅人を追いながら、太極拳、京劇、葬式の泣き女……、中国の人々の暮らしが細かく描きこまれ、自分も旅をしているかのよう。正月の龍がもつれたり、橋で船が通れずあわてて皆でUターンをしようとしたり、安野ならではのユーモアも随所に描かれ、発見しては、くすっとしてしまいます。1977年に始まった旅も7冊目。イギリス、デンマーク、スペイン、アメリカと旅を続け、今回、初めてアジアにやってきました。
京劇がきえた日
京劇がきえた日
姚紅 作 中由美子訳
出版社童心社 出版年 2011年
日本、中国、韓国の3国の絵本画家たちが、それぞれの国で共同で12冊の絵本を出版していく取り組み「日・中・韓 平和絵本」の一冊。 1937年南京。主人公の9歳の女の子はおばあさんの家に預けられています。そこへ、京劇の名優シャオおじさんが公演の間、泊まりにやってきました。川岸での練習には、その美声を聞きに、毎朝多くの人が集まります。京劇の場面は、絵本では観音開きで、華麗な舞台が観客とともに描かれています。作者は、南京が受けた惨状に多くのページは割いていませんが、シャオおじさんが去ってからの人々の不安な表情、街中のようすから、戦争の不穏な空気が伝わってきます。鉛筆で繊細に描かれた人々の暮らしと、そこに根づいていた京劇の舞台。日本の侵略が奪った、かけがえのないものについて読者は知るのです。
  • 『桃源郷ものがたり』福音館書店 松井直 文 蔡皋 絵 2002年
  • 『パオアルのきつねたいじ』徳間書店 蒲松齢 原作 心怡 再話 蔡皋 絵 中由美子 訳 2012年
  • 『北京 中軸線上につくられたまち』ポプラ社 于大武 著・文 文妹 訳 2012年
  • 『ナージャとりゅうおう』講談社 于大武 絵 唐亜明 文 1990年
  • 『天下一の弓使い』小学館 武建華 絵 松本猛 再話 2005年
  • 『ふしぎな皿の小さな漁師』ほるぷ出版 チャン・スージエ 文 ワン・ジファ 絵 うるしばらすみこ 訳 1981年
  • 『金の瓜と銀の豆』ほるぷ出版 チャオ・エンイ ぶん ホー・ミン え きみじまひさこ やく 1980年
  • 『やさしいりゅう』小峰書店 劉 霆華 著 君島 久子 訳 田 黎明 絵 1988年
  • 『ヤンメイズとりゅう』福音館書店 松居直、関野喜久子 再話 譚小勇 絵 1994年
  • 『ちょうちんまつり』福音館書店 唐亜明 文 徐楽楽 絵 1994年
  • 『よあけまで』童心社 曹文軒 作 中由美子 訳 和歌山静子 絵  2002年
  • 『万里の長城』福音館書店 加古里子 文 常嘉煌 絵 2011年
  • 『ね、うし、とら……十二支のはなし 中国民話より』ほるぷ出版 ドロシー・バン・ウォアコム 文 エロール・ル・カイン 絵へんみまさなお 訳 1978年
  • 『ロンポポ』古今社 エド・ヤング 再話・絵 藤本朝巳 訳 1999年
  • 『王さまと九人のきょうだい』岩波書店 君島久子 訳 赤羽末吉 絵 1969年
  • 『ニューワと九とうの水牛』福音館書店 小野かおる 文・絵 2007年
  • 『西遊記』福音館書店 呉承恩 作 君島久子 訳 瀬川康男 画 2004年
  • 『ヤンヤンいちばへいく』ポプラ社 周翔 作 文妹 訳 2006年
  • 『チュンチエ』光村教育図書 朱成梁 (ユイ・リーチョン) 文 チュ・チョンリャン 絵 中由美子 訳 2011年
  • 『ちいさなこまいぬ』コンセル 熊亮(キム・シオン) 作 長田弘 訳 2007年
  • 『魔法の筆』ほるぷ出版 ホン・シュンタオ 文 ワン・レイミン 絵 もりずみかずひろ 訳 1981年