テーマブックス

vol.10 猿の絵本

ゴリラにっき
ゴリラにっき
あべ弘士 作
出版社小学館 出版年 1998年
日記をつけることに決めたゴリラのごんた。フラミンゴのあかちゃんたちに会ったり、ヘビくんとにらめっこしたり、魚のように泳ごうと思っておぼれそうになったり、ゴリラのごんたも、毎日いろいろ忙しいのです。あべ弘士らしい大胆で鮮やかな色が、ごんたの世界を彩ります。「どうしても泳げない。でもいい。木のぼりもすもうも得意だから。」「大きくなったら父さんみたくなりたい。」モノクロで描かれたごんたの今日の感想も必読です。
おさるとぼうしうり
おさるとぼうしうり
エズフィール・スロボドキーナ 絵・文 まつおかきょうこ 訳
出版社 福音館書店 出版年 1970年
頭の上の売り物の帽子を全て猿にとられた帽子売り。指を指して帽子を返せと言っても、猿たちは、帽子売りを指差すばかり、両方の足を踏み鳴らしても、猿たちも足を踏み鳴らすだけ……。さあ、どうやったら帽子売りは帽子を取り戻せるのでしょう。この絵本が最初に出版されたのは、1940年。70年以上も前のスロボドキーナの素朴な絵は、どこか懐かしいものがありますが、古さを感じさせません。帽子売りの真似をする(これぞ猿真似!)愛嬌たっぷりの猿たちもかわいらしい。
アフリカの森の日々 わたしの愛したチンパンジー
アフリカの森の日々 わたしの愛したチンパンジー
ジェーン・グドール 著 松沢哲郎監 訳 赤尾秀子 訳
出版社 BL出版 出版年 2002年
アフリカでチンパンジーの研究を1960年代から長年続けるジェーン・グドールが、チンパンジーとの出会いから現在までを語る写真絵本。チンパンジーを、男性、女性、ひとり、ふたりと表現し、名前をつけてそれぞれを見分けるジェーン・グドールは、チンパンジーが道具を使うことや、草食ではなく肉も食べることを発見しました。あふれんばかりのチンパンジーへの愛情が、その社会や生態を語る文章と写真から伝わってきます。80ページに及ぶ読み応えのある1冊。
  • 『かにむかし』岩波書店 清水崑 絵 木下順二 文 1959年
  • 『さるかに』岩崎書店 及川賢治 え 広松由希子 ぶん 2011年
  • 『おさるのもり』講談社 いとうひろし 絵・文 2003年
  • 『かたつむりとさる』福音館書店 ハー・ダン 下絵 ヤン・サン 再話 やすいきよこ 訳 1997年
  • 『さるのせんせいとへびのかんごふさん』ビリケン出版 荒井良二 絵 穂高順也 文 1999年
  • 『すきです ゴリラ』あかね書房 アントニー・ブラウン 絵・文 山下明生 訳 1985年
  • 『さるのオズワルド』こぐま社 エゴン・マチーセン 絵・文 松岡享子 訳 1998年
  • 『ひとまねこざる』岩波書店 H.A.レイ 絵・文 光吉夏弥 訳 1998年
  • 『チンパンジーとさかなどろぼう』岩波書店 ジョン・キラカ 作 若林ひとみ 訳 2004年
  • 『西遊記』講談社 于大武 絵 唐亜明 文 1994年
  • 『やんちゃなサルとしずかなパンダ』評論社 メイロ・ソー 絵 アントニア・バーバー 文 山口文生 訳 2001年
  • 『スティーヴンソンのおかしなふねのたび』ほるぷ出版 アリス&マーティン・プロベンセン 絵 ナンシー・ウイラード 文 ひらのけいいち 訳 1990年
  • 『ゴリラとあかいぼうし』福音館書店 ダヴィッド・ビシームワ 絵 山極寿一 作 2002年
  • 『さる・るるる』絵本館 五味太郎 絵・文 1980年
  • 『かさどろぼう』徳間書店 シビル・ウェッタシンハ 絵・文 いのくまようこ 訳 2007年
  • 『おさるのしゃしんや』えばなし文庫 茂田井武 絵 川流堂書房奈街三郎 著 1948年