テーマブックス

vol.1 2000年代 日本の絵本

トマトさん
トマトさん
田中清代・作
出版社 福音館書店  出版年 2002年
ある暑い夏の日、どったと木から落ちたトマトさん。本当はミニトマトたちのように小川で泳ぎたいのですが、重くて動けません。ぽろりと涙をこぼすトマトさんを、虫やトカゲたちが、ごろんごろんと転がして、小川のなかへ。どっぷんとっぷん泳ぐトマトさんはとても涼しそう。ぴったりの擬態語がここそこに使われ、声に出して読みたい絵本。田中清代は、ドライポイント(銅版画の一種)の柔らかな線に水彩で色をつけました。暑い夏に読むと、真っ赤に熟れたおいしい冷やしトマトが恋しくなるような絵本。
はしれ、きかんしゃちからあし
はしれ、きかんしゃちからあし
小風さち・文 藍澤ミミ子・絵
出版社 福音館書店  出版年 2008年
重い貨物を引いて走るのが大好きな機関車「ちからあし」。しかし、徐々に戦争の影がしのびよります。戦争の道具を運び、戦火で仲間を失い、ちからあしは、暗いトンネルの中をどっどっどっどっと石炭を真っ赤に燃やし、火の粉をふいて走りました。その姿からは、ちからあしの怒りが伝わってくるかのようです。そして戦争が終わり・・・・・・。戦前、戦中、そして戦後の復興を生きた蒸気機関車「ちからあし」の物語。30代から近所の操車場をテーマに木版画作品を作り続けていた藍澤ミミ子が70代で初めて手がけた絵本です。木版画、コラージュ、色鉛筆、パステルなどページごとに様々な技法を組み合わせ、工夫が凝らされています。これから長く読み継いでいきたい1冊です。
ぼくがラーメンたべてるとき
ぼくがラーメンたべてるとき
長谷川義史・作
出版社 教育画劇  出版年 2002年
ぼくがラーメンたべてるとき、となりでミケがあくびした。となりでミケがあくびしたとき、となりのみっちゃんが......、と次々につながっていく絵本。女の子がバイオリンを弾き、男の子が野球をしている同じとき、他の国にはパンを売る女の子や牛をひく男の子、そして倒れている男の子もいる。命について、平和について考えさせる絵本。大胆な構図とユーモアあふれる絵の長谷川義史は、現在最も活躍している絵本画家のひとりです。