黄色い大きな雨傘がぱっと目をひく作品です。地面に女の子の姿が映っているのを見ると、さっきまでは本降りの雨だったのかもしれません。やっと小降りになってきたので、お気に入りの傘をさしてみたくて外に出てきたところでしょうか。後ろ姿で、しかも傘にかくれてしまって、女の子の表情は見えませんが、そのぶん想像力が掻き立てられます。
ちひろは雨の日の子どもたちを数多く描いています。晴れた日とはまったく異なる雨の日のうるんだ景色を描くのに、水に溶ける水彩絵の具は恰好の画材でした。傘をさしたときの子どもたちの少しぎこちない動きのかわいらしさにも、絵心を誘われたのでしょう。