やさしい色のリボンがついたこげ茶色の帽子、襟つきのオーバーコート、ストラップシューズ。よそゆきのおしゃれをしたこの少女は、どこにいるのでしょうか。ドキドキする気持ちを抑えるように、ワインレッドの手袋をはめた手はひざの上でしっかりと組まれています。一文字にむすばれた口元にわずかに笑みをたたえ、まっすぐに前を見つめる瞳は好奇心で輝き、頬は紅潮しています。黒柳徹子は「窓ぎわのトットちゃん」第1回連載時、新しい学校、トモエ学園に向かった幼い日の自分に重ねて、この少女像を選びました。現在この少女は、単行本の表紙にも使われ、“トットちゃん”として親しまれています。