勢いのあるパステルの筆致によって、帽子をかぶった少女の顔が正面からとらえられています。ちひろは、ほぼ1970年に集中してパステルの作品を描いています。この時期、器用にまとまってしまう画風を打ち破ろうと、ちひろは新たな画材であるパステルに挑戦します。顔料の粒子を棒状に固めたパステルは、細かな描写には不向きで、細部へのこだわりを捨てるうえで格好の画材でした。パステルによる線描表現は、これまでにない大胆でのびやかなストロークを生み出しました。帽子や髪の毛、瞳に用いられているオリーブグリーンは、人物の輪郭線などに特に好んで使った色です。