わたしのちひろ

ちひろにゆかりのある人々や、ちひろの絵と人生に思いを寄せる人々の言葉をご紹介します。

石尾 恵美子 「府立第六の女学生ちひろとの出会い」

洋画家・岡田三郎助の大姪。女学生時代、アトリエでともに絵を学んだ。

中村 澄子 「三階のおねずみさん」

ちひろの従妹

東本 つね 「制作」

画家、ちひろの友人

渡辺 泰子 「『わたしがちいさかったときに』のこと」

元童心社 編集者

丸岡 秀子 「あの日のちひろさん」

社会評論家

小西 正保 「岩崎ちひろ小論 『ひさの星』 『子どものしあわせ画集』など」

元岩崎書店 編集者

武市 八十雄 「座談会 いわさきちひろの世界」

至光社 編集者

松本 善明 「描かれざる「ちひろの世界」

ちひろの夫、元衆議院議員、弁護士

黒柳 徹子 「私のなかに生きているちひろさん」

ちひろ美術館・東京 館長、安曇野ちひろ美術館 名誉館長、女優、ユニセフ親善大使