何の花?

この季節になると、決まってお客様からお問い合わせを受ける中庭の庭木があります。

「萩に似ているけど、季節が違うわよね…」と皆さんけげんそうになさいますが、正解は「夏萩」です。
左右にたっぷりと花房を垂らして美しく咲く様子を、カフェの方向から撮影しました。

待ち遠しい初夏の花

ご近所の日当たりの良い庭では、アジサイがどんどんきれいに色づいていくのに、ちひろの庭のアジサイは、まだ緑のつぼみのまま。
この庭は、建物に囲まれたこぢんまりとした空間なので、どうしても日照時間が短く、ご近所のほかの庭よりも開花時期が若干遅れるのです。
その分、長く楽しめるとも言えますが…。

待ち遠しい初夏の花

ご近所の日当たりの良い庭では、アジサイがどんどんきれいに色づいていくのに、ちひろの庭のアジサイは、まだ緑のつぼみのまま。
この庭は、建物に囲まれたこぢんまりとした空間なので、どうしても日照時間が短く、ご近所のほかの庭よりも開花時期が若干遅れるのです。
その分、長く楽しめるとも言えますが…。

椿の実

直径3センチほどの丸々した椿の実。
アクセサリーの材料にもするそうですが、日本ではなんといっても「椿油」です。
椿油はオレイン酸がたっぷりでオリーブオイルよりも健康に良く、肌や髪のお手入れだけでなく食用にも適しているとか。
ちひろの庭の椿が椿油に適した種類かどうかわかりませんが、こんな小さな実のなかに、大きな自然の力が秘められているなんて、感動的です。

食べごろです

ユスラウメのかわいらしい実が赤く色づきました。
私はちひろ美術館で初めて食したのですが、お客さまとお話ししていると、懐かしそうに「子どものころよく食べた」とおっしゃる方が多いので、意外です。
先月なかば、アブラムシ対策で消毒液を一回かけたため、お味見の際は、水道でよく洗ってからどうぞ。
かなり酸味が強く、食後は口の中がスキッとします(おひとりおひとつまででお願いします)。