出前水彩ワークショップ「ちひろの水彩技法を体験して作品を作ろう」

猛暑が落ち着き、一転して涼しいこの頃となりました。

夏休みの最終週、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

去る8/26(水)、ちひろ美術館・東京では、自転車で30分ほどの距離にある

練馬区立大泉北中学校の美術部へ出前に行ってまいりました。

夏休み中の部活動ということで、部員26名のうち17名が参加してくれました。

 

導入で、ちひろと美術館の紹介をしたのち、

「中学生たちには、子どもっぽいと思われるかな?」と気にしつつ、

絵本『ぽちのきたうみ』を読み聞かせ。

ぽちのきたうみ

みんな予想以上に絵本の世界に集中してくれました。

 

その後、ちひろが得意とした水彩技法のうち、

「にじみ」、「たらし込み」、「白抜き」の3種類を練習。

練習

 

学びたての技法を使って、いよいよ作品作りです。

テーマは、「夏(夏休み)の思い出」。

取り掛かる前に、1分間の「瞑想タイム」をとりました。

瞑想タイム

 

出来上がった作品のなかからいくつか・・・

楠と人物

涼しそうな樟の木陰から、日の光がこぼれて輝いています。

木の下では、白抜きの人物が3名、淡い水彩のにじみの中でたたずんでいます。

どんな会話が広がっているのでしょう?足元に小動物もいるみたい…

一枚の中から物語が感じられますね。

花火

こちらは、「花火」。画面からはみ出すほど、迫力満点の花火が上がっています。

「ドーン」「パチパチパチ…」打ち上げ花火の音まで聞こえてきそう。

 

終了後は、

「最近は色鉛筆ばかり使っていたので、久しぶりに水彩絵の具で描けて新鮮だった」

「母も私もちひろさんの絵が好きなので、嬉しかった」

「ぼかすのは簡単だったけど色が混ざってしまって難しかった」

「色を重ねて明るい色や暗い色、自分なりの色を作れるところが水彩絵の具のいいところ」

「今回の体験で知らない技法を学べて楽しかった」

「これまでより楽しく絵の具が使えるような気がした」

・・・などなど、中学生らしい素直な感想をたくさん寄せてもらいました。

 

今度はぜひ、ちひろの原画を見に、美術館にも来てくださいね!

(N.Y.)

8/23(日)「にじみのキーホルダーづくり」を開催

夏の厳しい暑さも収まり、秋を感じさせるような風が吹く頃となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。インターンシップ生のIです。

8月23日の日曜日、ちひろの水彩技法を体験できるワークショップが開催されました。今回は水彩絵の具のにじみを使って、キーホルダーをつくりました。

私もワークショップの補助として参加させていただいたのですが・・・
見ているだけでも楽しい!どんな作品が出来上がるのかワクワクする!とお客様たちのなかに混ざって楽しい時間を過ごすことができました。

図1

お子さんから大人の方まで、71名の方が参加してくださいました。

家族で訪れる方が多く、自分の出来上がった作品を見せ合いっこしたりと、和気あいあいとした様子が見受けられました。

図2

一枚の画用紙の上で、赤・青・黄色の3色を垂らすと、にじんで色が混ざり合っていき、様々な模様が現れていきます。一人ひとり画用紙に描かれるものは違っていて、その人の個性が見出されているような気がしました。また、自分の思い描いていなかったことが目の前で繰り広げられる様子に驚いている方もいらっしゃいました。
自分の目で、色がにじんでいく様子や広がっていく様子を見て楽しむことが出来るので、水彩に対する新たな発見に出逢える時間でもあったと思います。

図3

水彩技法体験を通して、「面白い」「楽しい」という声があるなか、「難しい」という声を耳にすることも多くありました。
この技法を使って様々な子どもたちを描きあげていたちひろさんの技術の高さは、とても優れていたんだと改めて感じました。

ご参加いただいたみなさまにとって、楽しい時間を過ごしていただけていたら幸いです。
夏休みも残りわずかとなってきましたが、お元気にお過ごしください。 (S.I.)

いわさきちひろの絵とことば 20150815

小鳥とあかちゃんA7350dpi

いわさきちひろ 「小鳥とあかちゃん」1971年

 

「人間が活き活きと暮らせるというのは、明るい平和ないい世の中でなくてはむつかしいことです。」

いわさきちひろ 1972年

 

ちひろ美術館は、「世界中のこども みんなに平和としあわせを」と願って絵筆を握りつづけた、絵本画家いわさきちひろの思いを受け継いで活動をしています。

「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」ステッカー(フライヤー)ダウンロードはこちらから


http://www.chihiro.jp/chihiro/hope/activity/shiori.html

*このページの掲載作品は、8/5(水)~10/25(日)「非戦70年 ちひろ・平和への願い」会期中、ちひろ美術館・東京にて出品中です。

いわさきちひろの絵とことば 20150813

焔のなかの母と子A5350dpi

いわさきちひろ 「焔のなかの母と子」1972年

『戦火のなかのこどもたち』(岩崎書店)より

 

「戦争が終わって、はじめてなぜ戦争がおきるのかということが学べました。そして、その戦争に反対して牢に入れられた人たちのいたことを知りました。殺された人のいることも知りました。大きい感動をうけました。そして、その方々の人間にたいする深い愛と、真理を求める心が、命をかけてまでこの戦争に反対させたのだと思いました。」

いわさきちひろ 1972年

 

ちひろ美術館は、「世界中のこども みんなに平和としあわせを」と願って絵筆を握りつづけた、絵本画家いわさきちひろの思いを受け継いで活動をしています。

「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」ステッカー(フライヤー)ダウンロードはこちらから


http://www.chihiro.jp/chihiro/hope/activity/shiori.html

*このページの掲載作品は、8/5(水)~10/25(日)「非戦70年 ちひろ・平和への願い」会期中、ちひろ美術館・東京にて出品中です。

 

 

いわさきちひろの絵とことば 20150812

小さな花を持つ少女_圧縮

いわさきちひろ 「小さな花を持つ少女」 1973年

『戦火のなかのこどもたち』(岩崎書店)より

 

「戦争というのは、家が焼かれるとか、人が殺されるとかいうことだけじゃなくて、人の心もむしばんでしまうのです。とりわけ文化的な欲求をもっている人たちにとっては、どう生きていいのかわからない恐ろしい世の中です。だから、いつも、なんで戦争なんてあるんだろう?どうしてこの戦争が聖戦なんていわれるんだろう?と思いながら、希望もなく、厭世的に生きていました。」

いわさきちひろ 1972年

 

ちひろ美術館は、「世界中のこども みんなに平和としあわせを」と願って絵筆を握りつづけた、絵本画家いわさきちひろの思いを受け継いで活動をしています。

「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」ステッカー(フライヤー)ダウンロードはこちらから


http://www.chihiro.jp/chihiro/hope/activity/shiori.html

*このページの掲載作品は、8/5(水)~10/25(日)「非戦70年 ちひろ・平和への願い」会期中、ちひろ美術館・東京にて出品中です。