<企画展>―Paper Talks紙のおしゃべり―クヴィエタ・パツォウスカー展

パツォウスカーの名前を聞いたことのある方はどれだけいらっしゃるでしょうか?
現在、ちひろ美術館・東京では、日本にも世界にもファンのいるクヴィエタ・パツォウスカーの絵本原画を中心にした企画展を開催しています。

チェコに生まれ、現在85歳の彼女は、第二次世界大戦中にユダヤ人の父を強制収容所で失い、自らも学校に通えないなど苦しい体験をします。
しかし、そのなかで彼女を支え続けたのは子ども時代の音楽や本などに囲まれた楽しい思い出。小さい時から、ものづくりが大好きだった彼女の絵本は楽しいエネルギーにあふれています。

例えばこの、Flying (1995年)

絵も文もパツォウスカー本人が手がけています。
魅力的でちょっとかわった登場人物が次々に空を飛ぶ、というシンプルかつ遊び心にあふれたストーリー。白の背景を中心に、パツォウスカー特有の原色での配色とユーモラスな動物の造形がひかります。

こちらは、近年の作品。

おなじみの古典童話『シンデレラ』も彼女の手にかかると、都会的でカッコいい!
コラージュは彼女のお得意分野ですが、黒と赤のコントラストやマーカーでの力強い線など、勢いが感じられます。

今回は絵本原画が中心ですが、立体作品も見逃せません。
こちらは、「まわるおしゃべり」のための模型。

実際の作品がどのような大きさかは見てのお楽しみ。

紙のおしゃべり、という彼女が選んだ展示タイトルが示すとおり、こちらのペーパースカルプチャー(紙の彫刻)は、生きているよう?

3/29には、子どもワークショップ「紙の町をつくろう」も開催されます。
もし、こちらをご覧のあなたが小学生だったら・・・紙の魅力に挑戦してはいかがでしょうか?(事前申し込み制)

パツォウスカーの絵本の魅力を、見てさわってあじわってください。
(M.M.)

ちひろのアトリエをリニューアルしました。

ちひろ没後40年に合わせて、ちひろのアトリエのコーナーに3つの映像展示を導入しました。

1.ちひろのアトリエ
ちひろ美術館には、1969年の「ひざをかかえる少年」を描いたときのちひろの連続写真が残っています。アトリエでのちひろの様子と、ちひろの制作過程を知るうえでも貴重な資料です。
ちひろのアトリエの壁面に、この連続写真6点を自動切替のデジタル・フォト・フレームで展示しています。

2.ちひろに関する証言
内藤多美子(ちひろの従妹)、三輪寛子(丸木位里・俊のアトリエのデッサン会の仲間)、松本善明(ちひろの夫)、松本猛(ちひろの息子)、武市八十雄(至光社編集者)、渡辺泰子(童心社編集者)、田島征三(絵本画家)、黒柳徹子(女優、ユニセフ親善大使、ちひろ美術館館長)の8人のゆかりの人物の証言映像をご覧になれます。
タッチパネルで映像を選び、ヘッドフォンをつけてご鑑賞ください。
証言は今後も増やしていく予定です。どうぞお楽しみに。

3.ちひろのファッション
手づくりのワンピースやお気に入りの洋装店で仕立てた洋服など、おしゃれが好きだったちひろの写真30枚を自動切替のデジタル・フォト・フレームで展示しています。

ちひろ美術館・東京は、ちひろが暮らしていた自宅跡にあります。
作品とともに、ぜひ作品の背景を画像でお楽しみください。

(H.M.)

絵本カフェ おいしい!ニューズレター


いよいよ春がやってきました。
あたたかな日差しとともに、新鮮な「おいしい!」を、からだにたくさん取りこみましょう。

ちひろ美術館・東京 えほんカフェ、この春一番のおすすめメニューをご紹介いたします。

●チェコのお菓子 ターチュ
「ターチュ」聞きなれない名前ですね。実はチェコの人々が親しんでいる焼き菓子です。
焼き菓子といってもハード系ではなく、ヨーグルトを加えた生地に好みのフルーツをのせて焼き上げるしっとりとしたお菓子。

ちひろ美術館・東京では、3月から企画展として、チェコの女性アーティスト、クヴィエタ・パツォウスカー展を開催しています。
展示にちなんで、なんと、このチェコの焼き菓子「ターチュ」がスペシャルメニューとして登場しました。フルーツはブルーベリーとアプリコットを贅沢に使い、甘さを控えて軽い味わいのお菓子に仕上げています。
この機会に、パツォウスカーの故郷、チェコのお菓子「ターチュ」を、ぜひご賞味ください。

~ターチュのメニューアップ秘話~
絵本カフェでも、パツォウスカー展にちなんだメニューをお出ししたい!との一念から、
昨年の暮れにチェコセンターからチェコのお菓子の情報をいただき、レシピを探しました。

その後、カフェスタッフが自宅で試作を重ねます。
本場のターチュの食感や味わいって、こんな感じ?・・・不安がいっぱい。
なにしろ、はじめて出会うお菓子、いままで口にしたこともないわけですから・・・。

でも、なかなかどうして、これがおいしくて、びっくり!
お砂糖を控えめにし、ヨーグルトを多めに使うことで、さっぱりとした味わいに。
フルーツは、少し酸味のあるものがヨーグルトの生地と相性がよいようです。
彩りの美しいブルーベリーとアプリコットを使うことにしました。

最終試作が届いたのは展示オープン前日、チェコの事情通の方々にも試食をお願いしました。
 大皿に盛り付けたターチュを見て・・・「そうそう、こんな感じ!」
 ひと口、ほおばって・・・「う~ん、懐かしい! この味、まさにそのもの!」
チェコセンターの代表、高嶺エヴァさんの太鼓判をいただいて、ホッとしました。

エヴァさんのお話では、「ターチュ」というのはチェコの東部の方の呼び名で、地方によっては違う名前を使うところもあるとか。
人が集まると出てくる「ターチュ」は、レシピも地方や各家庭でそれぞれの伝統があり、まさに故郷のお母さんの味、なのだそうです。

会期中は、展示関連のトークイベントも開催されますので、こちらもお楽しみに!
*クヴィエタ・パツォウスカー展 関連トークイベント
 「チェコの文化と子どもの本の魅力」 
 4/20(日)15:00~16:30(要申込 3/20より受付開始)
 お話:三浦太郎(絵本作家)、高嶺エヴァ(チェコセンター代表)
http://www.chihiro.jp/tokyo/event/

(T.M)

「ちひろ没後40年―世界中のこどもみんなに平和としあわせを-ちひろの願い」展開催中

ちひろ美術館・東京が建つこの地、練馬区下石神井はいわさきちひろが亡くなるまでの22年間を過ごした場所です。
ちひろは1974年に55歳の若さで亡くなりました。亡くなってから、今年で40年の節目を迎えます。ちひろ美術館では、改めてちひろが願ったことを見つめなおし、展示を通してお伝えしていきます。

世界中のこどもみんなに平和としあわせを
ちひろが遺したこのことばは、今も私たちの胸に切実に響いてきます。
今回の展覧会では、このことばに象徴されるちひろの願いをお伝えしています。
展示室1では「戦争の絵本」、「いのちの輝き」、「あかちゃん-母のまなざし」の三つのテーマでちひろの絵とことばをご紹介しています。

今回の展示のタイトルにもなっているちひろのことばが記された作品(写真中央)。
ちひろの作品のなかで最も大きい作品のひとつです。
ちひろ自身の手による手書きの文字から、当時のちひろの切実な想いが伝わってきます。

ちひろが描いた3冊の戦争をテーマにした絵本原画のほか、子どもたちのいのちの輝きをとらえた作品、絵本『あかちゃんのくるひ』の原画を展示しています。

1974年6月23日に描かれたこの作品は、ちひろの絶筆となりました。

当時、入院していたちひろは、1枚の絵を仕上げる体力がなくなっていました。
依頼されていた雑誌の表紙のため、息子に家から描きかけの絵を持ってきてもらい、この絵を選んで、目と口に絵筆で色をさしました。
あかちゃんの無垢な瞳や表情には、かわいいもの、美しいものを愛し育み、未来そのものであるいのちを守りたいというちひろの想いが重ねられているように思います。

展示室3では、ちひろの自伝的絵本『わたしのえほん』の原画と初期の素描から、ちひろの歩みをたどっています。自筆原稿などの資料も展示しています。
ちひろが結婚の際に夫と取り交わした誓約書をちひろ自身が日記に書き写したものを展示しています。そこには次のような項目も含まれています。
一、お互いの立場を尊重し、特に藝術家としての妻の立場を尊重すること

ちひろが絵を描き続けた背後には夫とのこんな約束があったのですね。

社会全体が戦争に巻き込まれていく時代に青春を過ごしたちひろ。
ちひろの絵は、ともすると声高に叫ぶ声にかき消され、見過ごされてしまう大切なものはなにかを静かに問い続けています。
この機会にぜひ、ちひろとちひろの絵に逢いにきてください。
(M.H)