8/18(日)ちひろの水彩技法体験「にじみでうちわをつくろう

この頃いくらか気温も下がり、過ごしやすくなって参りましたが
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。インターンシップ生のYです。

8月18日の日曜日、前日に引き続き、
ちひろの水彩技法体験ワークショップ「にじみでうちわをつくろう」を開催しました。

お子さんから大人の方まで、今回も定員いっぱいの大盛況!
ひとりで参加してくれたお子さんもいて、はじめは緊張の面持ちでしたが、
筆をうごかしはじめると一変。
絵の具をたらしたり、吸い取ったり、画面をかたむけたりと、紹介した
技法を駆使して、夕日をイメージしたにじみを一生懸命に描いていました。
その後、うちわの骨に紙を貼る、ヘリを貼るなど難しい作業を一緒に
乗り越えるうちに緊張も解け、最後にはみんなにむけて自分の
うちわの発表もしてくれました!

この日も、見て涼しく、あおいで気持ちのいい、素敵なうちわが
たくさんできました。

さて、二日間で合計77名の参加があった「にじみ」のうちわ作り。
このワークショップでは、ちひろ美術館の職員を中心に、
私たちインターンシップ生と学芸員実習生が協力して運営を担当し、
試作や打合せを重ねて本番に臨みました。

この日は二日目でしたので、前日の反省会で出された改善点—
難しい箇所はスタッフが積極的に手伝う、各テーブルの材料を
あらかじめ仕分けして配布時間を短縮する、等々・・・を、早速実践してみました。

インターンシップ生と学芸員実習生は、先月のちひろの水彩技法体験ワークショップ
「朝顔を描こう」から、美術館のいちスタッフとして活動に加わってきました。
今年の活動は、本日が最終日となります。

学芸員実習生は、ワークショップ補助のほかに、
ただ今開催中の「ちひろ・絵本づくりの現場」と
企画展「ずっと長さんとともに―長新太が描いた子どもの本―」の会場設営、
受付での接客、広報活動、事務補助など、美術館の仕事全般を体験、
一方でインターン生は、ワークショップに重点的に関わるかたちで
参加者の方々と交流させていただき、
非常に楽しく、また貴重な経験を得ることができました。

ひと月という短い間でしたが、参加者の皆さまにとって、
少しでも楽しいワークショップ、そして美術館の環境を生み出せていたなら、幸いです。

それでは、夏休みも最終盤に差し掛かっておりますが、
新学期に向けてお元気でお過ごしください!

(E.Y.)

8月17日(土)ちひろの水彩技法体験ワークショップ「にじみでうちわをつくろう」

真夏の日差しがぎらぎらと照りつける日が続いております。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
インターンシップ生のKです。

さて、8月17日(土)、ちひろ美術館・東京では、
ちひろの水彩技法体験ワークショップ「にじみでうちわをつくろう」を開催しました。

今回のワークショップでは、ちひろの絵の特徴的な技法のひとつである
「にじみ」を体験していただき、それを使ってうちわをつくりました。

まず、「にじみ」とは一体どういうものなのか、透明水彩絵の具3色(赤・青・黄)で
画用紙に体験していただきました。同じ方法で同じ色を使っていても
誰一人として同じ模様はなく、それぞれ違った表情になるのが「にじみ」の特徴です。

次に、実際にうちわ作りに使う仙花紙を、4分の1のサイズにカットしたもので
練習していただきました。

Nijimi no Rensyu

そして、ついに本番!
花火や風鈴、ホタルなど様々なものをイメージして、参加者のみなさんは
それぞれ魅力あるにじみを表現されていました。

Nijimi Honban

にじませた紙を乾かしてから、うちわの骨の両面にハケでのりをつけ、接着します。
はさみで余分な部分を切り取ってうちわの形を整え、ヘリ(縁)や耳を貼って、完成!

・・・と書くと、簡単なように思われるかもしれません。が、実際にはなかなか難しく、
特にヘリの紙が細いため、作業は大変です。

大人でも苦労するこの作業、小さいお子さんの分は、保護者のみなさんにご協力を求めたり、スタッフがお手伝いを心がけました。もちろん、自分で頑張って完成させる子も多く、 達成感に満ちた顔を見ると、こちらも嬉しくなりました。

Kansou

「帰ったらみんなに自慢する!」「難しかったけど楽しかった!」など、大変好評でした。

今回のワークショップでは、香川県丸亀市の団扇商工業協同組合のご協力で
材料を調達することができました。骨は竹でできており、ひとつひとつが職人さんの手作りです。

まだまだ暑い日が続いています。このうちわで涼しんでいただけていることでしょう。
いろいろ想像したり、制作をお手伝いしながら楽しい会話が弾んだり、
スタッフも一緒に楽しませていただきました。

みなさん、夏休みの思い出の一ページとなったのではないでしょうか。
夏休み後半となり疲れも出やすい頃です。体調にはお気をつけてお過ごしください。

(N.K.)

ずっと長さんとともに‐長新太が描いた子どもの本‐開催中!

惜しくも2005年に世を去った長新太。
1960年代から2000年代にいたるまでの約40年間、日本の子どもの本をふりかえってみると、そこにも、ここにも長さんの絵があります。
今回の展覧会では、「子どもの本」をテーマに、11人の作家と長新太との共作や長新太自身が絵も文も手がけた作品をご紹介しています。タイトル通り、ずっと長さんとともに歩んできた日本の子どもの本の歴史が浮かび上がってきます。

まずは、2階の展示室2からスタート。『つみつみニャー』の絵がお出迎え。
こちらで記念撮影をどうぞ。

※出入口につき、ほかのお客さまのご通行にご注意ください。


順路表示も長さん


原画の他、貴重な資料も展示しています。
こちらは、マニアの方からも驚きの声が寄せられた1968年の絵雑誌。長の初めての絵本『がんばれさるのさらんくん』(福音館書店)と同年に刊行されたものです。
このケースのなかに展示した本からは、長が子どもの本を手がけ始めた1950年代前半から60年代前半にかけての画風の変遷を見て取ることができます。

本展で展示している作品で最も古い作品がこちら。

今江祥智の『山のむこうは青い海だった』の挿し絵で、1959年に描かれたものです。
もともと漫画家として出発した長新太。1950年代にはさまざまな漫画家のスタイルを貪欲に学び、自身の作品に生かしています。
シャープな線が印象的で、場面ごとに説明的な描写と抽象的な飛躍のある描写を描きわけています。題字も長が手がけました。


「おやすみぼくのむぎわらぼうし」は、1973年刊行の幼年向け絵雑誌に、今江祥智が童話を書き、長が絵を描いた作品です。単行本化されていないので、今では知る人が少ない作品です。今回が原画初公開。6場面全てを紹介しています。

そして、最晩年の作品はこちら。

未刊行の乳幼児向けの絵本の草稿です。これまでこの草稿の存在は知られておらず、こちらも今回が初公開となる作品です。長は、亡くなるまで、真摯に絵本に取り組み続けました。なかでも心血を注いだのがあかちゃん向けの絵本です。長新太は、ことばを理解する前のあかちゃんの感性にも響く心地よさ、面白さを絵本のなかに追究し続けました。

そのほか、合計約100点の作品を展示しています。

展示室には感想ノートも置いてありますので、長さんへのメッセージをお寄せください。
皆様のご来館をお待ちしております。
               (H.M.)

平和を考える8月・・・8/15-21過去のパンフレット無料配布します

いわさきちひろは、平和を願いながら、子どもを描き続けた画家でした。
ちひろがこの世を去って39年経ちましたが、今なお、内戦や紛争、
児童労働や貧困など、子どもたちの苦しい状況は続いています。

今回、8/15から8/21までの1週間、展覧会パンフレットバックナンバーの一部を、
館内でご自由にお持ちいただけるよう設置いたします。
広島や長崎への原爆投下、終戦の日と続く8月・・・
ちひろの願った平和について、パンフレットを手に、あらためて考えてみませんか。

設置予定のパンフレット
「《特別展》世界中の子どもみんなに平和と幸せを」(1982年開催)
「《新館オープン記念特別展》夢二からちひろへ」(1983年)
「《開館7周年記念特別展》
  こどもをみつめて 佐藤忠良・いわさきちひろ展」(1984年)
「《没後10周年記念特別展》いわさきちひろの歩み展」(1984年)
「《戦後40年特別展》いわさきちひろ愛と平和の世界」(1985年)
「《特別展》輝く瞳をみつめて!-田沼武能・いわさきちひろ展」(1988年)
「《『つば広の帽子をかぶって』出版記念特別展》ちひろの見つめた世界」(1989年)
「《戦後50年特別展》今、世界の子どもたちに」(1995年)

※期間内にかかわらず、なくなり次第、終了いたします。
                                  (T.K.)

8/15~8/21教員向け特別内見週間のお知らせ

ちひろ美術館では、この夏,
8月15日(木)~8月21日(水)を教員向け特別内見週間とし、
この期間中に、所定のお申込書をご持参の先生方に限り、ご入館無料といたします。

開催中の「ちひろ・絵本づくりの現場」、「《企画展》いつも長さんとともに-長新太が描いた子どもの本‐」をぜひご覧いただき、美術館見学や鑑賞教育のご参考としていただければ幸いに存じます。

【期間】2013年8月15日(木)~8月21日(水)
【開館時間】8/20までは10:00~18:00(入館は17:30まで)
  8/21~は10:00~17:00(入館は16:30まで)    
【場所】ちひろ美術館・東京
【対象】小・中・高校や幼稚園、保育園の先生
【期間中のイベント】
  定例ギャラリートーク
  8/17(土)14:00~14:40 担当学芸員によるギャラリートーク(参加自由)
  
  特別ギャラリートーク
  8/21(水)15:00~15:40 担当学芸員によるギャラリートーク
  (内容は8/17定例ギャラリートークと同様/参加自由)

【ご参加方法】
所定の参加申込書に必要事項(学校名、先生のお名前等)を記入の上、
当日、受付にご提出ください。
ご記名の先生に限り、当日、入館無料にてご鑑賞いただけます。
※参加申込書は、近隣の小中学校には、FAXにて7月中旬にお送りしております。
※申込書をお持ちでない先生は、下記までお問い合わせください。FAXにてお送りいたします。

【お問い合わせ先】ちひろ美術館・東京教育普及担当 中平・武石
  TEL.03-3995-0772 FAX 03-3995-0680

みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。