9/27(日)「ちひろ・平和への願い」スライドトーク

現在、開催中の「出版記念展 ちひろ いのちの画集」の関連イベントとして、
「ちひろ・平和への願い」と題してスライドトークが開催され、12名の方が参加されました。

今回、第2展示室では、ちひろが平和への思いを込めて描いた3冊の絵本、
『わたしがちいさかったときに』『母さんはおるす』『戦火のなかの子どもたち』の原画が展示されています。
スライドトークでは、その3冊の絵本制作にまつわるエピソードやちひろの言葉を、
ちひろの人生も交えて紹介していきました。

『わたしがちいさかったときに』は、広島で被爆した子どもたちの手記や詩に絵をつけたもの。
取材にでかけた広島で、ちひろが一睡もできなかったこと、
表紙の絵「みつめる少女」を描くとき、ちひろは何度も消しては描き、消しては描きを繰り返し、
画用紙がボロボロになってしまったこと、
編集者にはそれが、ちひろの苦渋と少女の魂の苦しみを表しているように思えたこと……。

ベトナム戦争が激化するなかで、『母さんはおるす』『戦火のなかの子どもたち』を立て続けに描いた心境を、
「今しなければベトナムの人は、あの子どもたちはみんないなくなっちゃうんじゃないかと思って……
私のできる唯一のやり方だから」と語っていたちひろ。

ちひろの言葉や人生をたどるなかで、平和への切実な思いをあらためて再認識する時間となりました。

今回の展覧会は、平和を願った3冊の絵本原画が一同に会するまたとない機会です。
ぜひ、ちひろ美術館・東京に足をお運びください。  (M.Y)
(※会期は11/15(日)まで。同時開催:「ちひろ美術館コレクション展 ねこねこ大集合」)

9/21(月) ベトナム ツーヅー病院からのお客様

安曇野ちひろ美術館副館長の竹迫と、
「きょうされん」(旧称:共同作業所全国連絡会)の方の案内で、
ベトナム・ホーチミンにある、ツーヅー病院平和村の小児科のニイ先生と、
助産婦のチャンさんが来館されました。
ツーヅー病院は、ベトナム戦争中の枯れ葉剤の影響で
結合双生児として生まれたグエン・ドクさんが育った病院としても知られています。

これまで、ちひろ美術館とツーヅー病院の平和村とは、
ちひろのポストカードセットの売り上げの一部を義捐金として届けるなど、交流を重ねてきました。
現在、ツーヅー病院には、ちひろ美術館が寄贈したいわさきちひろの複製画が随所に飾られています。

ニイ先生とチャンさんは、慌しいスケジュールの合間を縫って、
ちひろの原画を是非見たいと、美術館に駆けつけてくれました。
ちょうど今、美術館では、ちひろの平和への願いを形にした画集、
『ちひろ いのちの画集』(講談社)の出版を記念した展覧会を開催しています。
2005年以降、毎年続けてきた交流の結果、昨年ついにベトナム語版が出版された
絵本『かあさんはおるす』と『戦火のなかの子どもたち』の原画も展示中です。
お二人とも、ひとつひとつの絵を細やかに、親しみ深くご覧になっている姿が印象に残りました。

ちひろが亡くなって、35年。
時を経て、ちひろの平和への願いは色褪せることなく、ベトナムの人々の心にもまっすぐに届いています。 (M.H)

9/20(日) ねこ好き必見! 世界のねこ、集合中

現在、多目的展示ホールで開催中の「ちひろ美術館コレクション展 ねこねこ大集合」。
ちひろ美術館のコレクションのなかから選りすぐった、
世界各国の個性豊かなねこの絵を紹介しています。

また会期中、展覧会の関連イベントとして、ねこの絵も募集中です。
2階の図書室に設けた投稿コーナーでは、
連日、ねこの絵を熱心に描かれるお客様の姿が……。
男女問わず、さまざまな年齢の方からお寄せいただいたねこの絵は、
わずか1週間のあいだに早くも100枚を超えました。
みなさま、どうもありがとうございます!

おうちで飼っている愛くるしいねこちゃんや、
想像して描かれた不思議なねこなど、いずれも力作ぞろい。
素敵なねこの絵を描いてくださった方のなかから、
5名様にねこの絵本をプレゼントする予定なのですが、選考が難しくなりそう……。
みなさんが描いてくださった絵は、ファイリングして
他の方々にもご覧いただけるようにしてあります。

この秋は、ちひろ美術館でねこの絵をたっぷり見て、
あなただけのとっておきのねこの絵を描いてみませんか? (M.H)

8/29(土) こどもワークショップ「アルミのキューブづくり」

夏のこどもワークショップ第3弾は「アルミのキューブづくり」。
昨年に続き、講師に彫刻家の森哲弥さんをお迎えしました。
集まったのは小学3年~6年生の21人。
「アルミのキューブづくり」とは、いったい何をするのかな?

「みなさんは、『彫刻』って何だか知ってますか? このちひろ美術館にもあります。
どこにあるかわかりますか?」森先生からいきなり質問が出されました。
みんな首をかしげたり、きょろきょろしたり……。
ワークショップが行われている多目的展示ホールから見える
芝生の庭を指差す子もいます。
「庭にあるポーニーとリトルジョー(中野滋・作)も彫刻作品です」と森先生。

「みなさんも公園などにある偉い人の銅像などを見たことがあるかもしれません。
長崎の平和を願う像や、街中に大きな文字をデザインしたものなど、
身のまわりをよく見てみると、いろいろなところに彫刻はあります。
それは鉄、石、木、プラスチックなど、さまざまな素材を使って、
いろいろな表現方法で作品の美しさを追求したり、つくる人の思いを表しています。
今日はさまざまな素材を使ってキューブ、立方体をつくります。
素材の持つ質感や変化を感じながら、彫刻を楽しんでみよう!」

続きを読む

コスモス

コスモス

エントランスの前庭の大きなケヤキの根元に、コスモスを植えました。
楚々とした花の姿が風に揺れる様が美しく印象的です。