8/17 こどもワークショップ「色の本をつくろう」

今日のワークショップのねらいは、「色って何だろう?」を、考えてもらうこと。
すべてのものに色がついていて、どの色も美しいんだ、ということ。
色と色の組み合わせで、きれいに見えたり、きたなく感じたり、
印象が変わるんだ、ということ。

子どもたちには、まず初めに自己紹介を兼ねて、
好きな色とその理由を発表してもらうところから、スタートしました。

「赤が好きです。あったかい感じがするから」
「好きな色は灰色です。好きな馬の色だから!」

次は、「色探し」。色探知機(黒い厚紙の真ん中を四角く切り抜いたもの)
を使って絵(注:原画ではありません)や、窓の向こうの風景から
色を切り取り、きれいな色の組み合わせを探します。

続きを読む

8/10 こどもワークショップ 再生紙でつくる壁飾り

夏休みのこどもワークショップ第三弾は、造形作家・森友見子さんによる「再生紙でつくる壁飾り」。
講師の森さんが言います。
「みんな再生紙って知ってる? 使い終わっていらなくなった紙を使って、壁に飾る作品を作ります。
今日は何もないところから、まず材料にする紙粘土みたいなものをつくることから始めます」

何もないところから作品をつくる? 紙で材料を作るってどうするのかな?
小学校1年生から6年生までの30人と、お兄さんやお姉さんについてきた小さいお友達2人も加わって、
総勢32人の可愛い真剣な眼差しが先生を見つめます。

続きを読む

西武池袋線、西武新宿線にポスター掲出中!

先週から西武池袋線と西武新宿線の全車両に、
ちひろ美術館・東京のポスターが掲出されていることに、みなさんお気づきでしょうか?
「麦わら帽子に蟹をのせた少年」が微笑んでいますので、ぜひみつけてみてください。
池袋線(有楽町線、副都心線とも)は9/6まで、新宿線は9/7までです。 (M.A)


このポスターに注目!

館外ワークショップ、いろいろ開催中!

ちひろ美術館では、館内でのワークショップ以外にも、
さまざまな場所で「水彩ワークショップ」にも取り組んでいます。
8/1の水の日にはお台場のサントリー本社で「サントリー“水育”親子わくわく体験教室」に参加、
700名以上の来場者があるなかで、「ちひろの水彩画にチャレンジ!」を開催。

8/30には、西武池袋本店の池袋コミュニティカレッジで、
大人向けのちひろの水彩技法のワークショップを行う予定です。
「にじみ」や「白抜き」などの技法を実技しますので、
ご興味あるかたは、池袋コミュニティカレッジへどうぞ!  (M.A)

【お問い合わせ】
池袋コミュニティカレッジ TEL:03-5949-5487ツꀀツꀀ www.seibu.co.jp/c_college

空蝉

空蝉

美術館の大きなケヤキの木を故郷に育ったセミたちでしょうか。
今日も元気な鳴声が頭上から降ってきます。