巣が落ちてきた!

25日は美術館の玄関に立つ「けやき」の剪定日。

植栽をお願いしているTさんが、

「これが落ちてきました」と何か丸いものをささげ持ってきました。

見ると、小枝と細かく裂かれたビニールとで作られた小さな鳥の巣!

Tさんによると、この巣の主は「カワラヒワ」と思われます。(すずめ目。翼の先が黄色くて、住宅街にもよく現れる鳥)

それにしても居心地よさそうなまあるい巣に、スタッフKはしみじみと「鳥の親って不器用な親はいないのかな・・・すごいなあ」との感想を漏らしていました。

小さな隣人の存在に今さらながら気づかされ、ハッピーな気分に。

無事に雛たちも巣立っていったことを祈ります。

姿見えども香りは残す・・・

この時期、ちひろの庭にでたらふっとただよってくるのは「くちなし」の甘い香りです。

おくゆかしく、アジサイの葉の陰で咲いています。

出てきました

蕾から出てきました、アガパンサスの子どもたち。

ロウソクが何本も、たっているようにも

見えますね?

勢い

なんとなく現代アートを連想させる、山百合のつぼみです。

あさがお植えました

これは何が植えてあるんだろう?と思ったら、「朝顔」でした。

・・・・「宿題で育てたこと、思い出しますね?」と

お花スタッフのKさんはにっこり。

もうすぐ夏休みですね縲怐B