出前水彩ワークショップ「ちひろの水彩技法を体験して作品を作ろう」

猛暑が落ち着き、一転して涼しいこの頃となりました。

夏休みの最終週、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

去る8/26(水)、ちひろ美術館・東京では、自転車で30分ほどの距離にある

練馬区立大泉北中学校の美術部へ出前に行ってまいりました。

夏休み中の部活動ということで、部員26名のうち17名が参加してくれました。

 

導入で、ちひろと美術館の紹介をしたのち、

「中学生たちには、子どもっぽいと思われるかな?」と気にしつつ、

絵本『ぽちのきたうみ』を読み聞かせ。

ぽちのきたうみ

みんな予想以上に絵本の世界に集中してくれました。

 

その後、ちひろが得意とした水彩技法のうち、

「にじみ」、「たらし込み」、「白抜き」の3種類を練習。

練習

 

学びたての技法を使って、いよいよ作品作りです。

テーマは、「夏(夏休み)の思い出」。

取り掛かる前に、1分間の「瞑想タイム」をとりました。

瞑想タイム

 

出来上がった作品のなかからいくつか・・・

楠と人物

涼しそうな樟の木陰から、日の光がこぼれて輝いています。

木の下では、白抜きの人物が3名、淡い水彩のにじみの中でたたずんでいます。

どんな会話が広がっているのでしょう?足元に小動物もいるみたい…

一枚の中から物語が感じられますね。

花火

こちらは、「花火」。画面からはみ出すほど、迫力満点の花火が上がっています。

「ドーン」「パチパチパチ…」打ち上げ花火の音まで聞こえてきそう。

 

終了後は、

「最近は色鉛筆ばかり使っていたので、久しぶりに水彩絵の具で描けて新鮮だった」

「母も私もちひろさんの絵が好きなので、嬉しかった」

「ぼかすのは簡単だったけど色が混ざってしまって難しかった」

「色を重ねて明るい色や暗い色、自分なりの色を作れるところが水彩絵の具のいいところ」

「今回の体験で知らない技法を学べて楽しかった」

「これまでより楽しく絵の具が使えるような気がした」

・・・などなど、中学生らしい素直な感想をたくさん寄せてもらいました。

 

今度はぜひ、ちひろの原画を見に、美術館にも来てくださいね!

(N.Y.)

8/23(日)「にじみのキーホルダーづくり」を開催

夏の厳しい暑さも収まり、秋を感じさせるような風が吹く頃となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。インターンシップ生のIです。

8月23日の日曜日、ちひろの水彩技法を体験できるワークショップが開催されました。今回は水彩絵の具のにじみを使って、キーホルダーをつくりました。

私もワークショップの補助として参加させていただいたのですが・・・
見ているだけでも楽しい!どんな作品が出来上がるのかワクワクする!とお客様たちのなかに混ざって楽しい時間を過ごすことができました。

図1

お子さんから大人の方まで、71名の方が参加してくださいました。

家族で訪れる方が多く、自分の出来上がった作品を見せ合いっこしたりと、和気あいあいとした様子が見受けられました。

図2

一枚の画用紙の上で、赤・青・黄色の3色を垂らすと、にじんで色が混ざり合っていき、様々な模様が現れていきます。一人ひとり画用紙に描かれるものは違っていて、その人の個性が見出されているような気がしました。また、自分の思い描いていなかったことが目の前で繰り広げられる様子に驚いている方もいらっしゃいました。
自分の目で、色がにじんでいく様子や広がっていく様子を見て楽しむことが出来るので、水彩に対する新たな発見に出逢える時間でもあったと思います。

図3

水彩技法体験を通して、「面白い」「楽しい」という声があるなか、「難しい」という声を耳にすることも多くありました。
この技法を使って様々な子どもたちを描きあげていたちひろさんの技術の高さは、とても優れていたんだと改めて感じました。

ご参加いただいたみなさまにとって、楽しい時間を過ごしていただけていたら幸いです。
夏休みも残りわずかとなってきましたが、お元気にお過ごしください。 (S.I.)

3/15(日)水彩ワークショップ「にじみのキーホルダー」開催のお知らせ

いわさきちひろの作品はどのように描かれたのでしょう。
ちひろ美術館では、ちひろが得意とした水彩技法の「にじみ」を体験するワークショップを、
年間数回開催しております。 (内容や対象年齢、申込み方法は各回で異なります)

今回、3月15日(日)は、キーホルダーのチャームを作ります。
nijimikeyfolder
3色の絵の具が紙の上にひろがり、にじみあいます。
パレットではなく、紙の上で色をまぜあわせるイメージです。
nijimikey01
絵の具が乾いたら、「にじみスコープ」で好きな部分をさがし・・・
nijimikey02
2か所を丸く切り取ったら、パーツにはめこんで、できあがり、です。
nijimikey03
絵を描くのではなく、技法を体験するものですので、
絵筆を持つなんて数十年ぶり、という大人の方もお気軽にご参加ください。
(対象:5歳以上~大人)

時間、受付等の詳細はこちらをご覧ください→ http://www.chihiro.jp/tokyo/event/2015/0126_1314.html

皆さまのご参加をお待ちしております。
(T.K.)

8/17(日)針金造形ワークショップを開催しました

8/17(日)、針金造形作家の橋寛憲さんを講師に、
午前と午後、2つのプログラムで、親子で参加する
針金造形ワークショップを開催しました。

午前の部は「ころころオブジェをつくろう」。
16組の親子が参加しました。
段ボールに、針金を斜めに差し込んでレールを作り、
ビー玉を上から下へと転がしていく、と、いたってシンプルに思える仕様、
でもこれがなかなか奥が深いのです。

さっそくレール作り開始。一本できるごとに、ビー玉を転がして試します。
ちょっとした傾きや、針金のゆがみで、思う方向に行かなかったり、
スピードがつきすぎてレールから飛び出してしまったり。
レールの幅を直したり、角度を変えたりと、試行錯誤が続きます。
ビー玉が次のレールへと、うまく転がっていった時には、思わず「やった!」との歓声も。
IMG_3946IMG_3969
IMG_3955
渦巻きレールがあったり、トンネルがあったり、窓がついたりと、
それぞれ個性的な、楽しいオブジェができました。
IMG_3972
IMG_3976
IMG_3998

「ちょっとしたことでうまく転がったり、落ちてしまったり、工夫するのが楽しかった」
「自分のアイデアを出せたところが楽しかった」などの声が聞かれました。

午後の部は、「特大クワガタをつくろう」。
昨年に引き続き、全長30cmを超える、あごが動くクワガタを作ります。
こちらには17組の親子が参加しました。
針金の留め方を練習したら、木型を使って、胴体作りからスタート。
続いて、左右のあご。こちらも橋さん特製の6種類の木型から、
すきなクワガタをえらんで、針金を巻きつけて形を作ります。
IMG_4028
IMG_4042
しかけの操作棒、足、と順々に進めて2時間半、ようやく立体的なクワガタの完成。
ほんとに出来上がるのかしら、と途中不安そうだったお子さんも、
あごがうまく動いた時には満面の笑顔に。
IMG_4047
IMG_4049
IMG_4057
IMG_4062

針金という身近な素材の魅力を教えてくださった、橋寛憲さんの作品は、
ただいまショップでもご紹介中。
橋さんご自身のブログはこちら→ http://hashishiki.jugem.jp/

(S.K.)

2014年8月17日(日)針金造形ワークショップのお知らせ

2014年8月17日(日)針金造形ワークショップ
「ころころオブジェをつくろう」「特大クワガタを針金で作ろう」

昨年夏、針金造形作家の橋寛憲さんを講師にお招きして開催したワークショップが、
今年もグレードアップしてちひろ美術館にやってきます!

今回は、午前中は「ころころオブジェ」をつくります。
「ころころオブジェ」って…?
ころころオブジェ動画
シンプルに見えるかもしれませんが、
実は、角度や幅の微妙な調節がむずかしいので、
挑戦のしがいがありますよ。

そして午後は、あごの動く30cmの「特大クワガタ」です。
特大クワガタ動画
橋さん自作の型を利用して、アゴの種類や背中の模様、針金の色など
自由にアレンジしながら造形を楽しみましょう!

※お申込はこちらから(いずれの回も残席わずかです)
「ころころオブジェ」→http://www.chihiro.jp/tokyo/event/2014/0627_0937.html
「特大クワガタ」  →http://www.chihiro.jp/tokyo/event/2014/0627_0940.html

みなさまのご参加を、お待ちしております。(N. Y.)