光と色彩のアート「えほん ねぶた」が輝く!

秋雨とともに、急に秋めいてまいりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ちひろ美術館・東京では、ただいま「あべ弘士の動物王国展」を開催中です。
あべ弘士は、“行動展示”(*)の先駆けとして注目を集める
旭山動物園(北海道旭川市)で飼育員を25年間勤めた異色の経歴を持つ画家です。

             * 行動展示:動物の特有の行動や生活を見せる展示

「あべ弘士」と聞くと、テレビ番組や舞台、アニメーション映画の原作となった、
絵本『あらしのよるに』(文・木村裕一 講談社 1994年)の絵を
思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%ae%e3%82%88%e3%82%8b%e3%81%ab

本展では、『あらしのよるに』第一巻の原画をはじめ、
初期から近作までの絵本原画74点のほか、立体作品も紹介しています。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%b8%88
羽音や鳴き声が聞こえてきそうなフラミンゴの群れ・・・
立体作品は、このほかにキリン3頭、オオカミ約100匹(!)も。

img_3028
オオカミたちを制作中のあべ弘士(安曇野ちひろ美術館にて)。

img_3029

img_3070

「ねぶた」は、青森県津軽地方に伝わる伝統的な祭りです。
本展では、あべが、祖父の故郷・青森県を訪れた際、
「ねぶた祭りの絵を描いてみたい」と願い、実現した作品4点もご覧になれます。
これらの作品には、画家の遠い故郷への恩返しの思いも込められているとか・・・。
%e3%81%ad%e3%81%b6%e3%81%9f%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%b8%88
あべが力強い線と鮮やかな色彩で描いた勇壮なトラ、舞い泳ぐクジラやアザラシなどが
暗闇の中で幻想的な輝きを放っています。

本展では、このほか、あべが北極圏を訪れた際の貴重なスケッチや
写真などの貴重な資料や、 あべ行きつけの飲食店の襖絵も紹介
(現在、お店には襖がない状態です・・・)。

あべ弘士が描く、動物たちの命の輝きを、ぜひ体感しにきてください!
(NY)

★「えほんねぶた」は、撮影できます。
★<大人特典> ドレスコード特典!
動物をモチーフにした服(動物のワンポイントやアニマル柄でもOK.)を
お召しの方は入館料が100円引(700円) になります!
※帽子、バッグ、靴、スカーフ等の小物以外です。
※ご同伴のお子さまの服は除きます。

★<子ども特典> 絵本持参特典!
あべ弘士さんの絵本を持って来館の方に、絵本カフェのりんごジュース
(ミニサイズ)を1杯プレゼント!
※1人1冊ずつお持ちください。
※当日中にお使いください。
※子ども=高校生以下。

ホジェル・メロ展に寄せられたメッセージをご紹介します!

金木犀の香りが風に漂うころとなりました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

ちひろ美術館で開催中の、

「非戦70年 ちひろ・平和への願い」「旅する芸術家 ホジェル・メロ展」は、

いよいよ会期後半に入りました。

ホジェルメロ展ちらし

当館では、スタッフが開館中に館内を見回るのですが、

その際に点検する「感想ノート」には、いつになく

ブラジルにゆかりのある方からの嬉しい書き込みが目立ちます。

C

メロ展感想ノートその3

作品の美しさ、色彩、立体感、また社会に対する視点や

彼の詩情あふれる世界に共感をいただいているようですね。

C

メロ展感想ノートその4

「こんにちは、あなたの素晴らしい絵が大好きです」

「大胆な色使いの作品を眺めていると、ブラジルで過ごした子ども時代を思い出します」などなど。

12.マングローブの男の子たち小  「マングローブの子どもたち」より 2001年

 

13炭売り少年小「炭焼きの少年たち」より  2009年

 

ホジェル・メロ展開催を記念して、会期中、ブラジル国籍をお持ちの方は

受付にて国籍のわかるものをご提示いただくと、ご入館料が無料となります。

また、ご同伴の方は、半額(通常800円→半額400円)でご入館いただけます。

人数制限はありませんので、ぜひこの機会に、原画の美しさを見に

ご来館いただければ幸いです。会期は10月25日(日)まで。(N.Y.)

 

 

 

いわさきちひろの絵とことば 20150815

小鳥とあかちゃんA7350dpi

いわさきちひろ 「小鳥とあかちゃん」1971年

 

「人間が活き活きと暮らせるというのは、明るい平和ないい世の中でなくてはむつかしいことです。」

いわさきちひろ 1972年

 

ちひろ美術館は、「世界中のこども みんなに平和としあわせを」と願って絵筆を握りつづけた、絵本画家いわさきちひろの思いを受け継いで活動をしています。

「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」ステッカー(フライヤー)ダウンロードはこちらから


http://www.chihiro.jp/chihiro/hope/activity/shiori.html

*このページの掲載作品は、8/5(水)~10/25(日)「非戦70年 ちひろ・平和への願い」会期中、ちひろ美術館・東京にて出品中です。

いわさきちひろの絵とことば 20150813

焔のなかの母と子A5350dpi

いわさきちひろ 「焔のなかの母と子」1972年

『戦火のなかのこどもたち』(岩崎書店)より

 

「戦争が終わって、はじめてなぜ戦争がおきるのかということが学べました。そして、その戦争に反対して牢に入れられた人たちのいたことを知りました。殺された人のいることも知りました。大きい感動をうけました。そして、その方々の人間にたいする深い愛と、真理を求める心が、命をかけてまでこの戦争に反対させたのだと思いました。」

いわさきちひろ 1972年

 

ちひろ美術館は、「世界中のこども みんなに平和としあわせを」と願って絵筆を握りつづけた、絵本画家いわさきちひろの思いを受け継いで活動をしています。

「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」ステッカー(フライヤー)ダウンロードはこちらから


http://www.chihiro.jp/chihiro/hope/activity/shiori.html

*このページの掲載作品は、8/5(水)~10/25(日)「非戦70年 ちひろ・平和への願い」会期中、ちひろ美術館・東京にて出品中です。

 

 

いわさきちひろの絵とことば 20150812

小さな花を持つ少女_圧縮

いわさきちひろ 「小さな花を持つ少女」 1973年

『戦火のなかのこどもたち』(岩崎書店)より

 

「戦争というのは、家が焼かれるとか、人が殺されるとかいうことだけじゃなくて、人の心もむしばんでしまうのです。とりわけ文化的な欲求をもっている人たちにとっては、どう生きていいのかわからない恐ろしい世の中です。だから、いつも、なんで戦争なんてあるんだろう?どうしてこの戦争が聖戦なんていわれるんだろう?と思いながら、希望もなく、厭世的に生きていました。」

いわさきちひろ 1972年

 

ちひろ美術館は、「世界中のこども みんなに平和としあわせを」と願って絵筆を握りつづけた、絵本画家いわさきちひろの思いを受け継いで活動をしています。

「世界中のこどもみんなに平和としあわせを」ステッカー(フライヤー)ダウンロードはこちらから


http://www.chihiro.jp/chihiro/hope/activity/shiori.html

*このページの掲載作品は、8/5(水)~10/25(日)「非戦70年 ちひろ・平和への願い」会期中、ちひろ美術館・東京にて出品中です。