絵本カフェ おいしい!ニューズレター


いよいよ春がやってきました。
あたたかな日差しとともに、新鮮な「おいしい!」を、からだにたくさん取りこみましょう。

ちひろ美術館・東京 えほんカフェ、この春一番のおすすめメニューをご紹介いたします。

●チェコのお菓子 ターチュ
「ターチュ」聞きなれない名前ですね。実はチェコの人々が親しんでいる焼き菓子です。
焼き菓子といってもハード系ではなく、ヨーグルトを加えた生地に好みのフルーツをのせて焼き上げるしっとりとしたお菓子。

ちひろ美術館・東京では、3月から企画展として、チェコの女性アーティスト、クヴィエタ・パツォウスカー展を開催しています。
展示にちなんで、なんと、このチェコの焼き菓子「ターチュ」がスペシャルメニューとして登場しました。フルーツはブルーベリーとアプリコットを贅沢に使い、甘さを控えて軽い味わいのお菓子に仕上げています。
この機会に、パツォウスカーの故郷、チェコのお菓子「ターチュ」を、ぜひご賞味ください。

~ターチュのメニューアップ秘話~
絵本カフェでも、パツォウスカー展にちなんだメニューをお出ししたい!との一念から、
昨年の暮れにチェコセンターからチェコのお菓子の情報をいただき、レシピを探しました。

その後、カフェスタッフが自宅で試作を重ねます。
本場のターチュの食感や味わいって、こんな感じ?・・・不安がいっぱい。
なにしろ、はじめて出会うお菓子、いままで口にしたこともないわけですから・・・。

でも、なかなかどうして、これがおいしくて、びっくり!
お砂糖を控えめにし、ヨーグルトを多めに使うことで、さっぱりとした味わいに。
フルーツは、少し酸味のあるものがヨーグルトの生地と相性がよいようです。
彩りの美しいブルーベリーとアプリコットを使うことにしました。

最終試作が届いたのは展示オープン前日、チェコの事情通の方々にも試食をお願いしました。
 大皿に盛り付けたターチュを見て・・・「そうそう、こんな感じ!」
 ひと口、ほおばって・・・「う~ん、懐かしい! この味、まさにそのもの!」
チェコセンターの代表、高嶺エヴァさんの太鼓判をいただいて、ホッとしました。

エヴァさんのお話では、「ターチュ」というのはチェコの東部の方の呼び名で、地方によっては違う名前を使うところもあるとか。
人が集まると出てくる「ターチュ」は、レシピも地方や各家庭でそれぞれの伝統があり、まさに故郷のお母さんの味、なのだそうです。

会期中は、展示関連のトークイベントも開催されますので、こちらもお楽しみに!
*クヴィエタ・パツォウスカー展 関連トークイベント
 「チェコの文化と子どもの本の魅力」 
 4/20(日)15:00~16:30(要申込 3/20より受付開始)
 お話:三浦太郎(絵本作家)、高嶺エヴァ(チェコセンター代表)
http://www.chihiro.jp/tokyo/event/

(T.M)

絵本カフェ おいしい!ニューズレター


すっかり秋も深まってきました。
実りの秋、たくさんの「おいしい!」に、もう出会いましたか?

ちひろ美術館・東京 絵本カフェ、この秋の新メニューを2つご紹介いたします。
「ちひろと初山滋」展にご来館の際は、カフェにもお立ち寄りになって、ぜひご賞味ください。

レーズンと赤ワインのシフォンケーキ
当カフェで人気のシフォンケーキ。季節にあわせていろいろな味をお楽しみいただいています。新メニューの開発には、毎回ワクワクしながら取り組んでいます。

この秋のおすすめ「レーズンと赤ワインのシフォンケーキ」は、夏のお盆を過ぎた8月下旬から準備をスタート。通常は2~3回の試作でビシッと決まるのですが、今回は、こうしたらもっとおいしいかも…と、じっくり味の追求を重ねました。

しっとり焼き上げるために、生地に加える水分はワインだけでは生地が焼きしまってしまうことがわかり、ぶどうジュースを加えて奥行きのある味わいを出すと同時に水分量を調整して、よりしっとりとした焼き上がりに…。

味に深みを出すためにスパイスを加えてみる、レーズンはリキュールに漬けるほうが柔らかく食べやすくて風味もでる?それとも漬けないほうがレーズンの味わいがしっかりでるかしら?等々。
さらにそのレーズンもいくつかの種類を吟味して、甘みの強いサルタナ種の大きめの実だけを天日干ししたものを使うことにしました。ですから干しぶどうの甘みも充分に味わえます。

こうして約2ヶ月、なんと7回の試作を重ねて出来上がった「レーズンと赤ワインのシフォンケーキ」です。
秋にぴったり、ちょっぴり大人の雰囲気が漂うリッチなケーキに仕上がりました。

●鶏つくねと根菜の和風スープ
旬の野菜にこだわり、天塩を使って自然の甘みをいかした滋味あふれるスープは、えほんカフェ自慢のメニューのひとつです。

この秋、新たにお目見えした「鶏つくねと根菜の和風スープ」は、大きなつくねがゴロンと入ったとても贅沢なスープ。
鶏肉に、長いも、蓮根、枝豆、シイタケを加え、卵と片栗粉をつなぎにまとめた、ほんのり塩味のつくねを一度蒸しあげてから、ニンジン、ゴボウ、サツマイモ、長ネギとともに、なんと「かつお出汁」で煮込み、醤油とみりんで味を調えた「和風スープ」です。

具がたっぷりで優しい味わいの和風スープ、おむすびにもよく合います。発売当初からとても人気で、売り切れてしまう日も…。
納品数を増やしていただこうと、ル・ジャンボンさんにお願いをしたのですが、このスープはとても手間がかかるために、たくさんは作れないそうです。残念!

関連情報
※今回は特に根気強く、試作を繰り返して完成してくださったホームメイドマームさん、いつもありがとうございます。
   HOME MADE MA’AM(ホームメイドマーム)シフォンケーキと焼き菓子の店
   東京都練馬区東大泉3-2-5 TEL.03-3921-7670 
   
※いつもていねいな仕込みで、おいしいスープやソーセージをつくってくださるル・ジャンボンさん、ありがとうございます。
   Le Jambon (ル・ジャンボン) 手作りソーセージとハムの店 
   東京都練馬区東大泉7-38-29 TEL.03-3922-8486 
   http://www.le-jambon.com/

(M.T.)

「ちひろと香月泰男」展特別メニュー&3月3日(土)・4日(日)限定! カフェお雛祭り特別メニュー

今日は東京でも、びっくりするほど雪が降りましたね!
明日から3月。ちひろ美術館・東京も、2月の冬期休館を終え、
いよいよ明日から新しい春の展示、
「ちひろと香月泰男―母のまなざし、父のまなざし―」、
「東京開館35周年/安曇野開館15周年記念 ピエゾグラフによる「わたしのちひろ」展」
が始まります。

今回、カフェでは展示にあわせたスペシャルメニューと、
今週末のおひな祭りにちなんだ特別メニューをご用意しました。

・甘酒と雛あられ 600円 (数量限定)
桃の節句に懐かしい甘酒をどうぞ。
米と麹でつくられた甘酒は自然のやさしい甘み、ショウガの風味がほんのり漂います。
ブドウ糖をはじめビタミン類、乳酸菌も含む、優れた栄養飲料です(ノンアルコール)。
関西風にあられせんべいと組み合わせました。
ちひろ美術館・東京のカフェでは初登場となる甘酒、是非この機会にお試しください。

お次は、「ちひろと香月泰男」展にちなんだスペシャルメニューのご紹介です。
こちらは、展示会期中(3月1日~5月20日)にお楽しみいただけるメニューです。
春のお庭を眺めながら、大人の美術館カフェはいかが?

<ちひろと香月泰男展 スペシャルメニュー>
・香月の愛した葡萄酒 モンシェルヴァン ハーフボトル(360ml)赤・白 各1,050円
 
日本のワインの故郷、山梨県甲府で1917年から創業の老舗ワイナリー、サドヤの
さっぱりとした飲み口のワイン、モンシェルヴァン(わたしのお気に入りのワインの意)。
発売から40年余り、モンブランの美峰のラベルは、多くの人に親しまれてきました。
香月泰男も、1升の大瓶を取り寄せて愛飲していたといいます。

・チーズとドライフルーツのアミューズ  750円
美味しいワインやビールに合わせて、おしゃれなアミューズをご用意しました。
2種のチーズにナッツやドライフルーツの盛り合わせ。楽しいひとときどうぞ!
(クリームチーズ、ブルーチーズ、アーモンド、ココアのピーカンナッツ、オレンジピール、アプリコット、レーズン、クラッカー)

皆さまのご利用を、心よりお待ちしております。 (M.T.)

寒い冬のあったかカフェメニューはいかが?

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月は満喫されていますか?
ちひろ美術館・東京は、1/2(日)・1/3(月)と開館しています。(1/4(火)は休館)
2日、3日は新春ワークショップ「手づくりぽち袋」も開催中です。
ちひろの水彩技法を手軽に体験しながら、オリジナルのぽち袋が作れるワークショップ。
ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。
新春ワークショップの詳細はこちら

ワークショップだけではありません。
カフェでは、お正月限定の特別メニューをそろえてお待ちしています。
お正月メニュー第一弾は、新年の雅な伝統和菓子、「花びら餅」(単品500円)。
お餅の間にはさんであるのはごぼうです。

お正月メニュー第二弾は「オニオンスープ」。
血液さらさら効果のあるたまねぎがたっぷり入っていて、
体がぽかぽか温まる一品です。

続きを読む