3月1日より開館です!

いよいよ開館まであと一週間あまりとなりました。

3月1日(火)から開館する安曇野ちひろ美術館の春の展示テーマは「花」。
展示の内容はこちらです ⇒ 
http://www.chihiro.jp/azumino/museum/schedule/

この展示に関連し、2016年3月1日(火)~5月10日(火)の会期期間(GW期間4/29~5/8は除く)限定で、「花」をモチーフにしたファッションでご来館の方には、カフェにて1ドリンクサービスさせていただきます!

お花

安曇野ちひろ公園の雪もだいぶ減りました。
ぜひこの機会に絵本カフェのドリンクメニューもお楽しみください。
ほっと一息していただけるよう、おすすめドリンクをご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

(I.H.)

絵本もきれいに

安曇野ちひろ美術館には、絵本の部屋や子どものへやに多くの図書をそろえており
自由に手に取って読むことができます。

絵本の部屋には、コレクション作家を中心に、国内外の絵本約3000冊です。

たくさんの方に手に取ってもらった本にはやはり少し汚れも見られるため
現在、そのちいさな汚れを落とす作業も行っています。

 
このような小さな黒いぽつぽつ汚れも
ぽつぽつと黒い小さな汚れ

一冊一冊拭いていきます。
一冊一冊拭いていきます

黒いぽつぽつ汚れがとれました!
絵本を拭く

 

中には、破れてしまった本もありますが、
絵本修復前

ひとつひとつ丁寧に修復し
読みやすい本へと変身です。
絵本修復後

3月1日の開館後、
またたくさんの方に手に取ってもらえるよう
少しずつ準備も進んでいます。

絵本を拭く

→ 絵本の部屋

(I.H.)

「電車の教室」に展示する学用品を探しています

今年の夏グランドオープンする安曇野ちひろ公園(松川村営)の一角に再現される
「電車の教室」。この電車のなかに展示する、机や椅子、ランドセル、理科の実験器具など1940年~1949年頃に使われた学用品を探しています。
思い出の詰まった品物を電車の教室内に展示し未来に大切に引き継いでいきたいと考えています。詳細については → トットちゃん広場ホームページ をご覧ください。

なかなか難しいかもしませんが、もし、こうした学用品があるかも・・?と思い当たる方はぜひお気軽にお問い合わせください。
ランドセル

 

ここからは今日の安曇野ちひろ美術館周辺のようすをご紹介。
積雪のなかった12月とはうってかわって、1月中旬からは雪にうもれました。
大花壇のようす
おとなりの大花壇の案内板もこんなようすです

青空と白い山
ちょっと遠くから山を望む

雪の上の足跡
普段はまったく気づかない動物の行動。雪の上だからこそ、あちこちに足跡がついていて、ここを通ったであろう見えない動物を想像してしまいます。

寒いのはやっぱり苦手ではありますが、今しか見ることのできない景色も楽しんで過ごしたいですね。(I.H.)