秋を見つけに

秋深まるひととき。
安曇野ちひろ美術館にも、最寄駅から徒歩でいらっしゃるお客様がちらほら……。
みなさま、秋を見つけながら30分ほどの道のりを楽しんでくださっているようです。

さて、美術館入口への近道に、ドングリがたくさん成る木があるのをご存じですか?

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
 
木の根っこには、だれかがドングリで遊んだ跡も……?

Exif_JPEG_PICTURE

昨秋、安曇野ちひろ公園周辺では冬眠前のクマが出没するという騒ぎがあったのですが、実はドングリはクマの大好物。
昨年の今ごろはクマに食べられたのか、ほとんど落ちていませんでした。
今年はまだこんなにたくさんあるので、きっと冬じたくは山で間に合っているのでしょう。

そして館内では、安曇野の秋を彩るイベント「安曇野スタイル2015」を11/3(火・祝)まで開催中です!

今年は「あかちゃんのための初めての贈り物」をテーマに、子ども椅子やおもちゃ、絵本などを紹介・販売しています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
 
眺めているだけで「かわいい!」と心躍らずにいられない、ちっちゃくて温かなモノたち。ぜひこの機会に、紅葉と雪山のコントラストが美しい安曇野へお越しください。(M.O)

安曇野にも秋がきました

公園の木々も例年より早く色づき、ここ安曇野にも急ぎ足で秋がきました。

ちひろ美術館のシンボルツリー、中庭のニシキギも紅葉が始まりました。
立ち姿の美しいこの木は、お客さまから「あの木は何ですか?」とよく尋ねられます。もう少し色づくと、全体に赤い花が咲いているかのような、きれいな紅葉になります。

①ニシキギ1

②ニシキギ2  ③にしきぎ3

④通路から望む北アルプス  ⑤アジサイ

安曇野ちひろ美術館は作品もさる事ながら、周囲の景色を含めて楽しめる美術館です。
落葉前にお気に入りの秋を見つけにいらっしゃいませんか?

川村忠晴さんの“植物灯り”の作品が館内を彩っています。

⑥川村忠晴灯り1

⑦川村忠晴灯り2

9月末から始まった<企画展>『はしれ、トト!』 조은영(チョ・ウンヨン)の絵本づくり展は、韓国国籍、朝鮮国籍の方々は、身分証提示していただくと、入館料が無料になります。10/10(土)、10/11(日)は、チョ・ウンヨンさんが来日し、ギャラリートークやワークショップなどのイベントを開催します。

⑧チョ展案内

ぜひこの機会に美術館にいらっしゃってください。(S.M)

2016年カレンダーのご紹介

早いもので、もう来年のカレンダーを販売する季節となりました。

2016年版のちひろカレンダー
大判カレンダーと卓上にも置けるポストカードカレンダーの2種類あります。

大判カレンダーの表紙は『窓ぎわのトットちゃん』でおなじみの「こげ茶色の帽子の少女」です。

★ 大判カレンダー 1,400円(税抜き)
calenderl01

★ ポストカードカレンダー
 スタンド付:1,800円(税抜き)
 スタンドなし:1,200円(税抜き)
calenders01

ポストカードカレンダーは、毎月ちがった作品が楽しめます。スタンドがついているものとスタンドなしのものをご用意しています。また、これらのちひろの作品は裏面にポストカード用の印字がしてありますので、カットしてポストカードにもご利用いただけます。
ミュージアムショップにはサンプルもご用意していますので、ご来館の際にはお手にとってご覧ください。

その他、現在の展示にあわせ
「ぶどうを持つ少女」のマグカップやクリアファイル、ミニタオルなどなど
多数取り揃えております。
→ ミュージアムショップ

ご来館の際には、ぜひお立ち寄りください。

(I.H.)