ホジェル・メロが来館しました!

現在、開催中の〈企画展〉ブラジルからやってきた! 色彩の画家 ホジェル・メロ展の開催にあわせて、ホジェル・メロが来館しました。今年、小さなノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞画家賞をブラジル人で初めて受賞した、注目の絵本画家です!!100冊近い絵本の中から、12冊の絵本の原画を日本で初公開しています。

展示替え期間中には、美術館の中庭に立体作品を制作しました。
制作中のメロさん。
画像1

この作品の色は、日本の赤い鳥居の色をイメージしたもので、タイトルは「赤い庭」。
画像2
鮮やかな赤色が、安曇野の風景によく映えます。

5月17日(土)には、ギャラリートークとワークショップも開催。

ギャラリートークでは、作品についてとても丁寧に説明してくださいました。
メロさんが着ているのは、なんと長新太のブタヤマさんTシャツです!
画像3

鮮やかな色で描かれたブラジルの伝統。ブラジルのさまざまな状況におかれた子どもたちを描いた作品。絵本のダミーや旅日記なども紹介し、メロさんの多種多様な絵本の制作過程を聞くことができました。メロさんの作品や人柄に引き込まれ、参加者のみなさまからは、ブラジルの伝統や文化、現代社会についてもたくさんの質問が飛び交いました。

最後に作品を前に、記念撮影。
画像4

午後に行われたワークショップ「ブラジルへの手紙」では、ブラジルにいる架空の人物に手紙や絵葉書を書き、メロさんの絵本づくりのプロセスを体感。
Exif_JPEG_PICTURE
画像6

メロさんは、作品について「ブラジルと日本は、非常に離れている。その二つの国の違いや似ているところを、それぞれに感じてほしい。」とおしゃっていました。

みなさまもぜひ美術館に作品を見にいらしてください。

(E.T)

没後40年「ちひろの愛した アンデルセンと宮沢賢治」が始まりました

5/16(金)より、「ちひろの愛した アンデルセンと宮沢賢治」展が始まりました。

展示室1では、ちひろが描いたアンデルセンの作品を、
年代を追って展示しています。
画像①

人魚の少女の悲恋の童話「人魚姫」。
「人魚姫」を描いた3作品を比べると、
年代ごとのちひろの作風と、
徐々に深まっていく童話への解釈を見ることができます。
画像②

こんなにいろいろな書籍に、
「マッチ売りの少女」の絵を描いていました。
少女の向き、服装……、同じ場面でも、全て少しずつ違います。
画像③

展示室2では、「ちひろと宮沢賢治」をテーマに作品と資料を展示。
画像④

ちひろの若き日の日記「草穂」から、
終戦直後の賢治への共感を読み解いています。
この「草穂」という日記名も、賢治の詩が由来でした。
賢治の詩の原稿(複製)などもご覧いただけます。
画像⑤-1 画像⑤-2

ちひろが生涯で唯一手がけた賢治童話の絵本『花の童話集』。
賢治が愛した岩手の自然を、ちひろは、長野県黒姫の自然のなかに見出し、
鉛筆と墨のモノトーンで描き出しました。
画像⑥

この展示は、7/22まで開催しています。
ぜひ、新緑まぶしい初夏の安曇野へお越しください。

画像⑦

(E.S)

初夏の撮影スポット

新緑と雪山のコントラストが美しい季節になりました。今日の安曇野は、雲ひとつない心地のよい晴天です(すっと伸びているのは飛行機雲です)。
photo1

この春からはじめたちひろの作品と撮影ができる「ちひろ撮影スポット」。記念撮影コーナーとして、早速人気のスポットになっています。

みなさまからお送りいただいた「バラの少女」との記念写真を一部ご紹介。
photo2
photo3
まるでちひろの世界に入り込んだような、とってもすてきな写真ですね。

さて、安曇野ちひろ美術館では5/16(金)から新しい展示が始まりました。

作品の入れ替えにあわせ「ちひろ撮影スポット」の作品も替わりました!今回は「ちひろ没後40年 ちひろの愛した アンデルセンと宮沢賢治」展に出展中の「五つぶのえんどう豆」です。

早速、撮影を楽しまれているとってもかわいいお子さんたちを発見しましたので、モデルをお願いしました。(ご協力、どうもありがとうございました!)
photo4

撮影された写真は、下記のアドレスにぜひお送りください。

photospot@chihiro.jp

photo5
風も緑もさわやかな初夏の安曇野で、お待ちしております。

(A.I)