サマースクール本番!

先日リハーサルの様子をブログでもご紹介しましたが、
去る8月3日(金)に、恒例の松川村、武蔵野美術大学、美術館、
3者による夏のワークショップ、「安曇野まつかわサマースクール」
が開催されました。

10周年を迎える今年のテーマは、「めくるめく!安曇野カルタであいうえお」。
松川村の農業や行事食をたどりながら、大きなカルタをつくりました。
午前中は、4つのグループに分かれて、村内の約20箇所に設置されたカカシ
を探しにいきました。

カカシは「暑い夏 ごちそう ごちそう 氷餅」や
「畑でおしごと となりで冷えてる 乳川のすいか」など、
松川村の食にまつわる言葉が書かれたカルタの読み札を着ています。

「いご(えご)」「氷餅」など食べたことのない食べものも多数登場。

松川村のことなら何でも知っているスペシャリストの皆さんが、
松川村に古くから伝わる食材や、農業と生活との関わりを話してくださいました。

お昼には、読み札に書かれていた「七夕まんじゅう」や
「氷餅」などの郷土食を実際に食べました。

午後からいよいよカルタづくり!
カカシやお話から得たインスピレーションを基に絵柄
を完成させていきます。
まず、下案を書いて…

いよいよカルタづくり!

実はカルタの素材は、キッチンペーパー!学生たちが一度溶かした
キッチンペーパーを再度固めて、一枚一枚手作りしたもの。
力作が完成しました。

最後に、完成したカルタを着て、カルタ遊びをしました。

チーム対抗戦で、カルタを取る人、取られる人に分かれて、遊びました。

松川村の美しい青空のもと、幼稚園生から70代の方まで、
様々な世代の人々が関わりあい、地域に伝わる「食」の
温かさを感じた一日でした。

ワークショップの翌日、「おひさま農園」(安曇野ちひろ公園北側)
など村内数ヶ所にカカシを設置しました。

本年の活動の様子、また11年間の活動の歴史は、すずの音ホール内
でご紹介しています。
ぜひ、お立ち寄りください。

参加者の皆さん、松川村の皆さん、武蔵野美術大学の皆さん、今年もありがとうございました。
来年も充実した活動となりますように!皆さんと会えるのを楽しみにしています。

(Y.N)

夏休み体験コーナー「ちひろの水彩技法体験」

夏の恒例行事ともいえる、夏休み体験コーナー、今年も開催しています!

地元の松川中学生のサポートを受け、ちひろの水彩技法に挑戦。

画用紙にたっぷりの水を含ませて絵具を落とすと、さまざまな色が・・・。

乾かして、好きな場所を切り取り、缶バッジを作ります。

「偶然にできる模様がおもしろい」「すてきな旅の思い出ができました!」と、
参加者の皆さん、それぞれ楽しんでくださっているようです。

開催は、1日4回(10:00、11:00、14:00、15:00~各40分)。
各回定員が20名、所要時間が約30分~40分の体験ですので、お時間に余裕をもってお越しください。

中学生ボランティアの活動は、8月18日(土)まで、毎日開催。
同じく、中学生が活躍する、「高橋和真パッケージクラフト展」作品解説ツアーや、
図書委員の読み聞かせも行っていますよ。

皆さまのご参加を、お待ちしております!

(M.M 3)

長野県立こども病院ピエゾグラフ展

2006年より、安曇野市にある長野県立こども病院にて
いわさきちひろのピエゾグラフ作品を展示しています。

外来、病棟など院内各所に約25点の作品を飾り、子どもたちや保護者、
病院のスタッフのみなさまに、季節ごとに作品を替えて、
ご覧いただいています。
今回は、夏の作品に展示替え。

親子が絵を見ながら「かわいいねぇ、子どもが遊んでいるね。」
「この本読んだことあるね。」と話していたり、
子どもが「あっ!絵が変わっている!」などと声をかけてくれることも。

スタッフのみなさまは、「いつも作品が変わるのを楽しみにしています。」
「病院がこんなに楽しい雰囲気になってうれしい。」
といつもお声掛けくださいます。

元気がないときこそ、絵に力をもらえる日もあるかもしれません。
子どもたちにとって、少しでも病院が楽しい場所になりますように、
この活動を大事に育てていきたいと思っています。

(Y.N)

高橋和真展作品解説ツアー 開催中!

空き箱が昆虫や動物、ロボットなどに変身するパッケージクラフト。

開催中の「高橋和真 パッケージクラフト展」について、
地元・松川村の中学生ボランティアが案内役となり、
展示の見どころや作品の魅力を紹介するツアーを、
現在、毎日開催しています。

ツアーでは、楽しいクイズも交え、作品を紹介します。

それでは、ここでクイズです。
パッケージクラフトにより、ポッキーの空き箱が、ある動物に変身しました。
さて、どんな動物に変身したでしょう?

★ヒント 箱の色が生かされています。海の生き物です。
答えは、ツアーに参加してのお楽しみ!

こちらは高橋和真さんの作品のなかでも一番大きな作品、
東ハトショコラクッキーの箱でできた「ライオン」です。
ツアーでは、このライオンに隠されたひみつもご紹介!

こんなかわいい中学生たちがみなさんをお迎えします。
ぜひ会いにいらしてください!

中学生ボランティアによる
「高橋和真 パッケージクラフト展」作品解説ツアー

日 時  開催中~8/18(土) 13:00~13:30
料 金  無料(入館料のみ)
定 員  先着20名限定
申 込  当日予約制(12:30より受付横にて予約を承ります)

(A.I)