子どものための工芸展 vol.2 開催中!

毎年5月に松本市を中心に美術館やギャラリーで開かれる工芸展「工芸の五月」に
安曇野ちひろ美術館も参加しています。
当館では、昨年に引きつづき、7/10まで「子どものための工芸展」を開催しています。

今年は色鮮やかな工芸品も加わり、
銀線細工、陶器、染、木工、箒などジャンルもさまざまです。

多目的ギャラリーでは、たくさんの動物たちが出迎えてくれます。

動物揺り椅子に乗ったり、カーペットに寝転んで絵本を読んだり、○○が好きだ!
のメッセージを書いたりと、新緑に囲まれて、自由な時間をお楽しみください。
(F.K)

五月の風音楽祭 街角コンサート♪


第1回安曇野まつかわ五月の風音楽祭が、5月13日松川村リンリンパークで
開催されました。
安曇野ちひろ公園ではイベントの一環としてミニコンサートが行われました。

天候に恵まれ、北アルプスの山々と美術館を背に、アルプホルンの音色や合唱のさわやかな歌声が公園に響きわたりました。

アルプホルンは、みなさん、それぞれ手作りだそうです!

お客様も芝生に座ったり、思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

新緑も美しく、今、安曇野はとても気持ちのよい季節です。
新しい展示も5月11日から始まりました。
5月、6月はゆっくりと美術館を楽しめるおススメの季節。ぜひ、お越しください。(A.Y)

「わたしのちひろ」展、両館で開催しています。

東京の開館35周年、安曇野の開館15周年を記念し、ピエゾグラフによる「わたしのちひろ」展を両館で開催しています。

皆さまからのリクエストで展示作品が決まる本展。
展覧会に先駆けて、このブログでもリクエストを募集し、多くの応募をいただきました。
ありがとうございます。
投票の結果は、こちらで発表しています。

会場では、リクエストが多かった作品や、深い思いのこもったメッセージが寄せられた作品を、メッセージとともに展示。


投票結果や開催地を紹介するパネルや、
いただいたメッセージを綴じたファイルも置いています。
応募された方が自分のメッセージを探したり、好きな作品にどんなメッセージが届いているかを探したり・・・。

入口横は、メッセージコーナーです。
来館者からのメッセージ・リクエストで、ツリーはいっぱいに。


メッセージの一部を、ご紹介します。
「私の高校進学を機に訪れた信州の地で、父が好きなちひろさんの美術館へ連れてきてもらいました。高校から親元を離れる私に、ちひろさんの絵は、今まで両親からもらった愛の数々を思い出させてくれました」(「母の日」に寄せて)。

「久しぶりに家族がそろい、そして新しく家族に加わる人も一緒にきました。今日、『家族』でこられたことを、心から良かったなと思います。三月にしてはめずらしい、一面の雪景色。私も絵本の絵の一枚になったような、素敵な一日になりました」(「黄色い傘の少女」に寄せて)。

皆さんの思いとともに、ちひろの絵をお楽しみください。
そして、あなたのちひろも、ぜひ教えてくださいね!
(M.M 3)