子どもための工芸展始まりました!

ニシキギが美しい中庭を囲んで、現在活躍中の10人の工芸作家が、
子どものためにつくった作品を展示しています。


5人の作家がコラボしてつくった子ども茶箱

「子どもがあそぶときに、本物が小さくなった飯事セットがあったら。
五感から伝わるものが、それぞれの素材の本当の質感であったら。」

綿から糸を紡ぎ、手織りしたベビーシューズ

“大人が持ちやすく”、そして”赤ちゃんの口に運びやすい”形状の
スプーンと器のファーストセット
 

「山や森やたくさんの自然にかこまれた中で、楽しく遊ぶ子ども用のブレスレットです。
子どもの動きに合わせてチリンチリン、カランカランと音が鳴ります。
子ども達が自然と共にすくすくと元気でいること、この鈴の音がみんなを守ってくれること、
そんな願いを込めてつくりました。」

5/29の「ふわふわ綿のいとつむぎ」ワークショップもまだまだ募集中!!
ご参加お待ちしております。
(F.K)

どこに咲いているでしょう?

写真を撮ってブログでご紹介したくなるような、
気持ちのよい快晴が続いています。

芝桜やヤマブキのようには目立たないけれど、
公園や庭で綺麗に咲いている花を、いくつかご紹介しましょう。
どこに咲いているか、わかりますか?

シロツメクサ

駐輪場横から建物まで続く、遊歩道沿いに咲いています。
小さな川が脇を流れ、きらきらとまぶしい!

マツバウンラン

漢字では、「松葉雲蘭」と書きます。
鳥が種を運んできたのでしょうか。
数年前から、中庭やカフェの近くで咲くようになりました。

中庭では、新芽が輝くようなニシキギとの組み合わせが美しく、
写真を撮る来館者の方が多くいらっしゃいます。
マツバウンランを見ながら、デッキチェアでのお昼寝や読書もおすすめですよ。

ハナミズキ

当館のすぐ横を走る、県道306号線(通称、山麓線)。
その歩道沿いで、現在満開です(右側の建物は、当館です)。

公園をはじめ、当館の周辺では、一年中さまざまな花が楽しめます。
ぜひ、お気に入りを探して、散策してみてください!
あなただけの発見があるかもしれませんよ。
(M.M 3)

遠足

旅の季節なので、遠足も続きます。
今日は地元の子どもたちが美術館に来てくれました。

まず、大町南小学校の2年生たち。


何をしているのかな?

美術館探検で、ちひろ公園にあるパツォウスカーの石のオブジェをさわったり

屋根の秘密を聞いたり。

今度は大町くるみ保育園の皆です。


小さい靴が並んでいます。どこにいるのかな?

子どもの部屋で、絵本の読み聞かせです。

またきてねー!子どもたちにパワーをもらいました。
(M.M 1)

旅の季節、到来です。

今日から、新しい展覧会が始まりました!
ちひろ館では「ちひろの旅物語」展、世界の絵本館では
企画展「茂田井武の世界旅行」を開催しています。

初日の今日は、2日間続いた雨のおかげで空気が澄み渡り、山も空もくっきりと鮮やか。
初夏を思わせる日差しと、さわやかな風が心地よい1日です。

安曇野ちひろ公園では、山吹が満開です。

公園内の遊歩道から見える田んぼにも水が入り、そこここで田植えが始まりました。
田んぼの水面に、空や周囲の風景が映りこみ、世界が広がって見えます。

満開になったらお知らせしたい!と意気込んでいた芝桜、
今年は植替えをしたこともあり、残念ながら「一面の芝桜」とまでは広がりませんでした。
とはいえ、芝桜のピンクは、やはりとても綺麗。

四季の風景のページでご紹介しているような、一面の芝桜は、来年に期待です。

展覧会のテーマ「旅」にふさわしい季節を迎えた安曇野に、ぜひお越しくださいね!
(M.M 3)