黒柳徹子からの緊急メッセージ
「東日本大震災に寄せて」

東日本大震災に寄せて
今回の地震や津波により被災された皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。
どんなにか大変なご苦労をされているかと思います。
そのような中、大人の皆さまにお願いがあります。
大人でさえ耐えがたい状況の下で、被害を体験したり見聞きしたりした子どもたちは今、非常に大きなストレスを抱えています。
たとえ平気であるかのように振る舞っていても、混乱し、苦しんでいるのです。
周りにいる子どもたちを抱きしめて、優しく声をかけてあげてください。 
できるだけ子どもたちの話し相手、遊び相手になり、
早く日常の感覚を取り戻せるように、手助けをしてあげてください。

子どもたちへ
とてもこわい思いをしたでしょう。でも、もうだいじょうぶよ。
世界じゅうの人たちが、みなさんのことを心配して、手をさしのべようとしています。
みなさんが、つらい、かなしいと思うのは、自然なことです。
思っていることを、がまんしないで、まわりの人に話していいのよ。
みなさんがはやくいつもの生活にもどれるよう、お祈りしています。
愛をこめて。

黒柳徹子
(ちひろ美術館・東京館長、安曇野ちひろ美術館名誉館長、ユニセフ親善大使)

出張チャルカの東欧雑貨店
@安曇野ちひろ美術館

東欧雑貨ファン必見! チャルカがやってきました!!

ドゥシャン・カーライ×出久根育展に関連して、
東欧を旅する雑貨店 チャルカの商品がミュージアムショップにならびます。

伝統的なハンガリーの刺しゅうものや、ドイリー、チェコのレースや
チロリアンテープ、ボタンなどの手芸もの。
そのほか、チャルカオリジナルの文房具も販売します。

どこかほっとする、懐かしい雰囲気をもつ東欧の雑貨たち。
この機会にぜひ足をお運びください。(5月10日(火)まで)
(F.K)