四季の風景

雄大な自然のなかに佇む安曇野ちひろ美術館。四季折々の美しい風景に出会えます。


春

長く厳しい冬を終えると、梅や桜、桃などが一気に芽吹きだす安曇野の春。
美術館エントランス周辺には色鮮やかな芝(しばさくら)が広がります。見頃はGW頃です。

初夏

水が張られた水田には、残雪の北アルプスが鏡のように美しく写りこみます。
澄み切った空と新緑がまぶしい爽やかな安曇野の初夏です。

夏

松川村ボランティアの手による約12,000株の大花壇が満開を迎えます。見頃は7~9月頃です。夏休みには安曇野ちひろ公園の池で元気いっぱい遊ぶ子どもたちの姿も。

秋

9月に入ると、安曇野では稲穂が輝く実りの秋を迎え、美術館の近くでは鈴虫の音が美しく響きます。秋も深まると、中庭の錦木(にしきぎ)は深紅色に色づき、来館者の目を楽しませてくれます。