ご遺贈に心から感謝申し上げます。

2016年07月19日

わたくしは、いわさきちひろさんの絵が大好きです。子どもを生涯のテーマとして
描き続けたちひろさん。ちひろさんの絵を見飽きることはありません。
いつまでもちひろ美術館が続きますように。

先ごろ、60代の女性の方から、この心のこもったお言葉とともに、ご遺贈が寄せられました。
この方は、生前、お父さまのご看病の合間に、ちひろ美術館・東京に足を運んでくださり、
静かで心穏やかな時間を過ごしてくださっていたそうです。
私たちは、ご遺志にこたえられますよう、東京、安曇野両館ともに、みなさまに憩いの時間を過ごして
いただける美術館づくりに励むとともに、より一層充実した展覧会や教育普及にも力を入れ、
有意義な活動を行ってまいりたいと思います。
いずれ、季節を選んでちひろの庭に、感謝の植樹を行う予定です。
ご遺志を汲んで、お名前は伏せさせていただきますが、心からの感謝をこめて、ご報告させていただきます。

公益財団法人いわさきちひろ記念事業団
理事長  山田 洋次
ちひろ美術館(東京・安曇野)
館長   黒柳 徹子

前のページへ