開催中の展示

2017年3月1日(水)~2017年5月9日(火)

【開館20周年記念 Ⅰ】
高畑勲がつくるちひろ展 
ようこそ!ちひろの絵のなかへ

古今東西の美術や文学に通じ、アニメーションづくりの第一線で活躍してきた高畑(たかはた)(いさお)は、ちひろを「東アジアの子どもの尊厳をとらえた稀有な画家」と評し、その作品から創作のインスピレーションを得てきたといいます。高畑の審美眼を通して、ちひろの絵の魅力を新発見し、これまでにない演出でちひろの絵の世界を‘体感’します。

詳細はこちら

【開館20周年記念 Ⅰ】
奈良美智がつくる 
茂田井武展 夢の旅人

「茂田井武の美意識は生活のなかに息づき、それゆえ逆説的に崇高だ。彼の絵のなかには西洋も東洋もなく、ただ純粋な魂だけがある。」と語るアーティスト・奈良(なら)美智(よしとも)が、茂田井の展覧会をつくります。パリ放浪のなかで描いた画帳「続・白い十字架」や絵本『セロひきのゴーシュ』など、時代を超えて奈良の心に響く、茂田井武の作品をご覧ください。

詳細はこちら

【開館20周年記念 Ⅰ】
ちひろ美術館コレクション
旅する絵本

絵本には「旅」をテーマにした作品が多く見られます。本展では、コレクションのなかから、知らない土地や異国への憧れ、空想世界への冒険、旅情を誘う風景との出会いなど、旅へとつながる作品の数々を紹介します。

年間スケジュールはこちら