開催中の展示

2017年5月13日(土)~2017年7月4日(火)

【開館20周年記念 Ⅱ】
走る!跳ねる!
ちひろ・子ども百態

「子どもの肢体の魅力はかぎりない」と語ったちひろ。子育てのなかで、わが子や子どもたちの姿を日常的にスケッチに留め、どのような恰好もモデルなしで描くことができたといいます。本展では、躍動感あふれる子どもの動きを、ちひろがどのようにとらえ、表現 したかを探ります。

詳細はこちら

【開館20周年記念 Ⅱ】
ちひろ美術館コレクション
子どもの世界・世界の子ども

歴史や文化、自然、社会情勢などの異なる地域で、絵本画家たちは「子ども」をどのようにとらえ、描いてきたのでしょうか。本展では、コレクションのなかから、「子どもの心」「社会のなかの子ども」「子どもの夢」などをテーマに、武田美穂の『おかあさん、げんきですか』やジョン・バーニンガム(イギリス)の『おじいちゃん』、ボロルマー・バーサンスレン(モンゴル)の『ジルーの家』など、子どもを描いた作品の数々を紹介します。

詳細はこちら
年間スケジュールはこちら